ネイビーな妻たち Vol.11

やっぱり手に入れたい“慶應ブランド”。競争率10倍以上の難関校に挑む、お受験の裏側

「できれば幼稚舎、ダメなら青山」

夫の一言で始まった息子のお受験。

渋谷区神宮前アドレスを手に入れ、理想の結婚をしたはずの京子だったが、とある幼児教室の門を叩いた日から、思いがけない世界が待っていた。

◆これまでのあらすじ
11月1日、早稲田の考査に向かう途中、息子の隼人は転んで怪我をした。不安が募る京子はお教室の先生に会いにいったが、帰り際、号泣しているリナに出くわす…。

▶️前回:「落ちたら公立」と覚悟していても…。試験当日、お受験ママが顔面蒼白になった非常事態


リナの11月1日


「リナさん、大丈夫?」

夕方、お教室前に駐めた車の中で号泣しているとき、夏に仲違いしたはずの京子が声をかけてきた。しかし、返事ができる精神状態ではなく、無視をしてしまった。

年長の直前から受験準備を始めたのに、特別にお金をかけることもせず、できることを淡々とこなしてきたマ......


【ネイビーな妻たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo