ネイビーな妻たち Vol.10

「落ちたら公立」と覚悟していても…。試験当日、お受験ママが顔面蒼白になった非常事態

「できれば幼稚舎、ダメなら青山」

夫の一言で始まった息子のお受験。

渋谷区神宮前アドレスを手に入れ、理想の結婚をしたはずの京子だったが、とある幼児教室の門を叩いた日から、思いがけない世界が待っていた。

◆これまでのあらすじ
夏が終わり、願書を出し終えた10月。今度は、志望校の探り合いが行われることに…。結局どこを受けることにしたのか…?

▶️前回:「ひと月100万以上かけて…」お金で解決できるなら、糸目はつけません!驚愕のお受験事情


『受験校は、最終的にどこにFIXしたの?』

由香里からのLINEのメッセージが、ポップアップであがってきた。京子はそれを見て思わず、ダイニングテーブルの上にiPhoneを裏返しにして置く。

願書の出願も終えた10月半ば。

最近お教室では、どの学校を受けるかの探り合い......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
京子さん、見て見ぬふりをするのも
大切なような気がします
2021/01/30 06:0899+返信4件
No Name
転んだ我が子に、「やだ、嘘でしょ!」はないわ。母親失格。息子は頑張っているのに、両親が残念。
2021/01/30 06:4099+返信9件
No Name
そりゃ合格して欲しいけど人生決まるわけじゃ全然ないからね、、、青山の小学校の人は途中で出るの?最終学歴が青山って特段誇れたものじゃないよね
2021/01/30 05:4099+返信24件
No Name
受験当日に大泣きしているママ友に声かけるなよ。と思います。
2021/01/30 06:4674返信1件
No Name
国分寺を受験した際、待合室にて先生から「人数の都合上、試験という形でどうしても判断しまいますが、まずは頑張られて帰ってくるお子さんを抱きしめてあげてください!」と切に仰っていて、いい学校だなと思いました。
2021/01/30 08:4648返信7件
もっと見る ( 90 件 )

【ネイビーな妻たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo