やまとなでし男 Vol.2

プロポーズを断られ、250万をドブに捨てた男。自暴自棄な彼を襲うさらなる悲劇

「金で買えないものはない」

愛だって女だって、お金さえあれば何でも手に入る。男の価値は、経済力一択。

外資系コンサルティング会社に入った瞬間、不遇の学生時代には想像もつかなかったくらいモテ始めた憲明、34歳。

豪華でキラキラしたモノを贈っておけば、女なんて楽勝。

そんな彼の価値観を、一人の女が、狂わせていくー。

◆これまでのあらすじ

愛する恋人・麻子のために、総額250万のプロポーズをした憲明。だが、彼女の答えはまさかの「NO」。放心状態の憲明だったが…?

▶前回:運命の女は、金で買う。プロポーズに250万つぎ込んだ男が見た地獄


「げっ…」

帝国ホテルのスイートルーム。

部屋に入った憲明の目に飛び込んで来たのは、100本の真っ赤なバラの花束だった。

予定では、人生で一番ロマンチックな夜になるはずだった今夜。麻子のために準備しておいたが、今となっては無用の長物だ。

憲明は、慌ててゴミ箱に花束を投げ入れるが、100本の花束は想像以上に重く、大きい。

当然ゴミ箱に収まりきらず、鉢植えのように綺麗に飾られる形となった。

−なに、綺麗に咲いてるんだよ!

バラに罪はないが、嫌味の1つでも言わないとやってられない。

ジャケットを乱暴に脱ぎ捨てた憲明は、広々としたキングベッドに倒れこんだ。

そうそう。今日のために新調したこのジャケットも、プロポーズを断られた忌々しい記憶を蘇らせるだけだ。二度と着たくない。

ベッドに寝転ぶと、疲れがどっと押し寄せる。非常事態発生で、体も脳もクタクタに疲れきっていたのだ。

スマホにちらりと目をやるが、麻子から連絡がきている様子はない。

「ああ、むかつく。何なんだよ!」

スマホをソファに投げつけた憲明は、そのまま目を瞑った。

【やまとなでし男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo