コンパス〜28歳、人生の羅針盤〜 Vol.1

コンパス〜28歳、人生の羅針盤〜:年収1,300万の美女が、交際中の男を捨てた残酷な理由

誰にだって、人生の中で選択を迫られる瞬間があるだろう。そんなとき、何を軸にして進むべき道を選ぶ?

登場するのは、一見輝かしい人生を送る28歳の女たち。だけどどんなに完璧な女性だって、苦悩を抱えている。

そして彼女たちには、迷ったときの道しるべとする「人生の羅針盤(コンパス)」があったー。

心に闇を抱えた女たちは、どんなコンパスを頼りに、逞しくしたたかに生き延びるのか。

今週は、外資系金融機関で働く28歳・長谷川 愛莉のストーリー。「いつも完璧で美しい」と言われる彼女だが…。


「愛莉さんって、いつも綺麗で仕事もできて、本当に憧れです」

目を輝かせてそう言う後輩に、愛莉はニコリと微笑んだ。

そして、お決まりのセリフを返す。

「ありがとう。でもそんなことないよ。ただ、頑張ってるだけ」

木曜日のランチタイム。今日は二個下の後輩に誘われて、会社の近くの店にやってきている。

オーダーしたパスタが運ばれてくるのを待ちながら、愛莉は考えた。

ー憧れです、かあ。

昔から、後輩の女子たちは揃って愛莉にそんな言葉をかけてくる。だけどそのたびに、こう思うのだ。

ーいつも身綺麗にしているのも、仕事で成果を出しているのも、人一倍の努力をしてるから。

愛莉が勤める外資系金融機関は、噂どおりの激務だ。実際に、終電の時間を超えて仕事をすることもしょっちゅうだった。

平日は仕事で遅くなることがほとんどだが、稀に早く終わった日や休日は、美容エステでのフェイシャル・ボディケア、パーソナルトレーナーとの週1回のトレーニングも欠かさない。

美容代は月20万円かけているし、ワインや語学の勉強にも安くないスクール代を払っている。仕事関係の付き合いや友人との華やかなパーティーに顔を出すこともあった。

今の自分を保ちつつレベルアップするために、時間もお金も惜しまず投資しており、スケジュール帳はほぼ毎日何かしらの用事で埋まっているのだ。

ランチを終えた愛莉がデスクに戻ると、スマホに2件同時にメッセージが入った。

『愛莉、明日の夜、会わない?』
『明日の夜、私の写真の個展を開くことになったから、よかったらきてね!』

1件目は、約1年交際中の同い年の彼氏・京介からのメッセージ。
2件目は、フォトグラファーをする、同級生の女友達からのメッセージ。

貴重な金曜日の夜、同じ時間帯。だけど、身体はひとつ。

ーどちらかにしか行けないな…。

愛莉は一瞬手を止め首をかしげると、すぐに返信を打ち始めた。

【コンパス〜28歳、人生の羅針盤〜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo