彼女のウラ世界 Vol.2

突如、姿を消した恋人。残されたインスタアカウントから暴く、女の本性とは

「僕は、彼女のことを何も知らなかった…」

プロポーズした直後、忽然と姿を消した彼女。捜索の手掛かりは、本人のものだと思われるインスタグラムのアカウントだけ。

ー彼女が見せていたのは、偽りの姿だった?

インスタグラムに残されていた、慎ましやかな彼女の姿からは想像もできない世界とは…。

◆これまでのあらすじ

2019年4月。プロポーズの数日後、前触れもなく消えた明子。連絡先も消され、途方に暮れていると、自分のインスタグラムのアカウントに見知らぬ「いいね」がつけられているのを発見し…?


謎のアカウント 「@emodaw_sihrtoa」


敏郎は、自宅のパソコンを食い入るように見つめていた。

明子のものと思われるアカウントの、最後の投稿は2週間前。その画像には敏郎も食べたことのあるビーフシチューのような料理が、見覚えのあるテーブルに並べられている。

ハッシュタグによると、ハンガリーのグーラッシュという料理のようだ。

フォロワーは1,269人。インスタグラマーというほどでもないが、友人間で盛り上がっているだけのレベルではなさそうである。

「まさかな…」

このアカウントの主が明子であることは、ほかのいくつかの料理投稿からみても明らかであった。

しかし、投稿された写真のほとんどが“見覚えのないレストランの写真”であったせいで、敏郎は自分の判断に自信が持てないでいた。

銀座のダイニング、赤坂のフレンチ、恵比寿のバー、横浜の老舗イタリアン。物静かで慎ましい明子が訪れているとは思えない、華やかな場所の数々。

投稿の日時は、過去に敏郎が仕事で、長期間家を空けていた時期と一致する。

その事実が「@emodaw_sihrtoa」イコール明子であるという可能性をさらに強めたのだった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
高級ホテルでお客様の情報ベラベラ話すマスターもいないし、婚約者の勤め先も分からない事を露呈する男性もおかしい。
2020/06/08 05:2399+返信3件
No Name
マスター、警戒するの遅すぎる!
だいたい個人名出してその人について話す接客業の人、居ないでしょう。
2020/06/08 05:2899+
No Name
バーのマスターにムッとしたって問い詰めたってしょうがないのに、大丈夫か敏郎。。
2020/06/08 05:2181返信2件
No Name
高級ホテルではなくとも、バーのカウンターでの会話の秘密は守られるものですよ。
一人で来店する客には、自分の時間を楽しみたい、また秘密を守れる誰かに話を聞いてほしい、そんな客もいます。
バーのカウンターは、宿り木となり、バーテンダーは、客が話しかけて初めて客の話しに耳を傾けるんです。
私は女ですが、バーへ行くとき、そんな感じでしたね。
癒されて家に帰り、疲れるとバーへ帰っていました。
(あえて「帰る
」と表現します。それが心情に適した表現なので)
2020/06/08 07:4237返信1件
No Name
お相手のことをそこまで知らないのに、婚約までしようって思えたのが凄い。
男性がお花畑で思い込み激しかったのか、女性がこの結婚難の時代にでも結婚したいと思わせる何かがあったのか‥
2020/06/08 05:2520返信2件
もっと見る ( 36 件 )

【彼女のウラ世界】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo