彼女のウラ世界 Vol.2

突如、姿を消した恋人。残されたインスタアカウントから暴く、女の本性とは

「僕は、彼女のことを何も知らなかった…」

プロポーズした直後、忽然と姿を消した彼女。捜索の手掛かりは、本人のものだと思われるインスタグラムのアカウントだけ。

ー彼女が見せていたのは、偽りの姿だった?

インスタグラムに残されていた、慎ましやかな彼女の姿からは想像もできない世界とは…。

◆これまでのあらすじ

2019年4月。プロポーズの数日後、前触れもなく消えた明子。連絡先も消され、途方に暮れていると、自分のインスタグラムのアカウントに見知らぬ「いいね」がつけられているのを発見し…?


謎のアカウント 「@emodaw_sihrtoa」


敏郎は、自宅のパソコンを食い入るように見つめていた。

明子のものと思われるアカウントの、最後の投稿は2週間前。その画像には敏郎も食べたことのあるビーフシチューのような料理が、見覚えのあるテーブルに並べられている。

ハッシュタグによると、ハンガリーのグーラッシュという料理のようだ。

フォロワーは1,269人。インスタグラマーというほどでもないが、友人間で盛り上がっているだけのレベルではなさそうである。

「まさかな…」

このアカウントの主が明子であることは、ほかのいくつかの料理投稿からみても明らかであった。

しかし、投稿された写真のほとんどが“見覚えのないレストランの写真”であったせいで、敏郎は自分の判断に自信が持てないでいた。

銀座のダイニング、赤坂のフレンチ、恵比寿のバー、横浜の老舗イタリアン。物静かで慎ましい明子が訪れているとは思えない、華やかな場所の数々。

投稿の日時は、過去に敏郎が仕事で、長期間家を空けていた時期と一致する。

その事実が「@emodaw_sihrtoa」イコール明子であるという可能性をさらに強めたのだった。

【彼女のウラ世界】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo