彼氏の元カノ Vol.1

「それ、誰の名前…?」付き合いたての彼氏に元カノの名前で呼ばれた女が、取った行動

それは、昨晩のデートでのことだった。

「麻衣、お疲れさま」

「お疲れさま。遅くなってごめんね」

京太郎は数分の遅刻は気にも留めない様子で、さりげなく麻衣の腰に手を添えて先を促した。

触れられたのはほんの一瞬だったのに、麻衣の頬は熱をもち、心臓がドキドキと音を立てる。

182cmという高身長には少し不釣合いな優しい顔立ちに、柔らかい口調と甘い表情。これまで何人の女性が心踊らされてきたのだろう。

「だいぶ日が長くなってきたね」

「うん、もうすぐ夏だね」

「オレ、夏が好きなんだ。今年はいろんなところ一緒に行きたい」

未来を連想させてくれる言葉に胸の高鳴りを覚え、麻衣は曖昧な返事しかできないでいた。

京太郎の行動や言動が、麻衣に“京太郎の彼女”という立場であることを認識させてくれる。

待ち合わせから入店、メニューを決めるのも、店員さんに注文するのも、京太郎は全てにおいて抜かりなくカンペキだった。

しかし食事が進み、付き合いたての時期特有の緊張感も緩まった頃、京太郎が思わぬミスをする。

「“リコ”は次、何にする?」

麻衣のグラスが空いていることに気付いた京太郎が、あまりにも自然に、麻衣の名前を呼び間違えたのだ。

2人はほぼ同時に、お互いを見た。ゆっくりと視線が絡まり合う。

「麻衣、ごめん。今のは忘れて。次、麻衣は何にする?」

京太郎の優しく、とろけそうになる笑顔からは「これ以上の質問は無用」のオーラが漂っていて、麻衣は浮かんでくる質問を全て飲み込まざるを得なかった。

しかし麻衣は“リコ”という女性が、京太郎にとって「自分に隠しておきたいような存在」であることを悟ってしまったのだ。


麻衣は昨晩の出来事を、すべてレナに打ち明けた。

「山内さんの前ではなんでもないフリをしたけど、ホントはものすごくツラくて。“リコ”って、元カノの名前じゃないかな~って想像しちゃったり」

その言葉を聞いたレナが、あからさまに目をそらすのを、麻衣は見逃さなかった。

「もしかしてレナさん、なにか知ってます…?」

レナは申し訳なさそうに、パソコン越しの麻衣を見る。

「その“リコ”って人、元カノだと思う…」

「え、どうしてレナさんが知ってるんですか?」

「私もそのリコさんと、知り合いなんだよね。山内くんって確か、ついこの前まで同じ会社の女性とお付き合いしてたみたいで…」

レナが語尾を弱めたのは、麻衣の顔からみるみるうちに表情が消えていったからだ。

「えっ、そうなんですか…?」

文字通り蚊の鳴くような声だった。

「変なこと言ってほんとにごめん。私の記憶も曖昧だし、あんまり気にしすぎないで」

レナも必死でフォローするが、麻衣の頭の中は“元カノ”の存在でいっぱいになる。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
とりあえず仕事中に恋愛話をしてるとこが気になったけど(笑) 彼氏にリコって呼ばれた時に『え、それ誰?』って聞けない時点で、対等な関係じゃないように思った。
2020/06/08 05:3599+返信7件
No Name
元彼女を検索してすごい美人が出て来たら、もっと落ち込みますよ。
2020/06/08 05:2289返信5件
No Name
なんか東カレ、Instagram漁る主人公多いなあ笑
2020/06/08 05:4875返信3件
No Name
あんまり元カノって気にならないけどなぁ。
二股とかは嫌だけどさ。
終わってるなら良くない??
それを気にしすぎて、彼とギクシャクしたりすると本末転倒だと思うんだけど。。
2020/06/08 06:1633返信3件
No Name
泥酔していたわけでもなく、寝言でもなく他の女の名前を呼ぶのは、コイツ寝ぼけてんのか!
同時並行で今現在付き合っていない限り名前が出てしまうことなんて普通はないわ。
しかも間違った後の返しが最悪。忘れてって言うほど忘れられないわ。笑い飛ばして愛を伝えて大丈夫だよとでも言わなきゃ。
2020/06/08 07:5425
もっと見る ( 54 件 )

【彼氏の元カノ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo