東京 ブラン・ニュー・デイズ Vol.3

「もう私に飽きた?」同棲2年、マンネリ気味な2人の関係を救ったモノ

あなたにとって『おうち時間』に彩りをあたえてくれるモノって何ですか?

スパイスのように、日常をちょっぴり楽しくしてくれるモノ。

改めて日々の暮らしをワンランク・アップしてくれる“モノ”を探してみませんか?

これはそんな“モノ”を見つけた主人公たちのオムニバスストーリー。

前回は購入したフロアライトを通して、初心に返った男、伸也が登場した。

今回は伸也の失恋相手、美桜を紹介しよう。


「孝太郎も飲む?」

冷蔵庫からお気に入りの赤ワイン、ガヤ バルバレスコを取り出し、プチ晩酌の用意をする。

「いや、今日はいいや。シャワー浴びてくる」

5歳年上の外銀マン・孝太郎と外資系ジュエリーブランドの広報で働く美桜は、青山のタワーマンションで同棲を始めて2年。

最近は2人とも自宅にいる時間が増えたはずなのに、寂しさは余計に増したような気がする。

―前は仕事の合間を縫って、私との時間を作ろうとしてくれていたのにな…。

『同棲期間が長くなると、マンネリになって結婚のタイミングを逃すわよ』

以前、美桜に忠告してくれた会社の先輩の言葉を思い出す。

ーはぁ、やっぱり同棲とかやめとけばよかったな…。

そんなことをぼんやり考えていたら、数ヶ月前に食事会で出会った伸也からタイミングよくLINEが届く。

ずるいと分かっていても、そんな寂しさを埋めてくれるのが伸也だったのだ。

【東京 ブラン・ニュー・デイズ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo