恋愛のフィロソフィー Vol.2

安定した結婚生活を、手に入れるはずだったが…。30歳女が婚約破棄した理由

まことしやかに囁かれる、恋愛にまつわる都市伝説。

付き合う前に一線を越えたら、本命になれない。
一人暮らしの女性がペットを飼ったら、婚期を逃す。

それって、本当?

東京には、こんな定説に振り回されず、思うがままに人生を楽しむ女たちがいる。

だって彼女たちは、自分の“恋愛フィロソフィー“を持っているから。

前回は、付き合う前に一線を越えたが本命となった女性を紹介した。


ケース2:2番目に好きな人と結婚した方が幸せ?


「女はね、1番好きな人と結婚するより、2番目に好きな人と結婚する方が幸せになるわよ」

私は母に、そう言われて育った。

母は、お嬢様学校と言われる都内の小学校からエスカレーター式に大学まで進学し、お見合いで医者家系の父と出会い結婚した。

お見合いと言っても父は母にベタ惚れだったらしい。その頃、母には別に恋人がいたが、父の情熱に絆されて結婚した、というのは母の武勇伝だ。

「パパにはそんなにトキメいてはいなかったけど、誠実でいい人だったから。やっぱり結婚生活は安定が1番よ」

幸せそうな母の姿をよく知るだけに、その言葉には重みがあった。



「…梨美ちゃん、仕事いくの?ん、今日は…△#*&%」

ソファでドラマを見ながら寝落ちした夫が、わけのわからぬ寝言を発しながら、私の手を握った。

部屋の明かりが彼の顔を照らし、まぶしそうに顔をそむける。そんな姿すら愛おしく感じる。

「どこもいかないよ、今何時だと思ってるの?夜の10時だよ」

優しく言い聞かせ、彼の手を握り返す。

彼の体温を感じながら、この幸せを手に入れるまでの日々を思い返すと、このひと時が一層愛おしく感じられる。

そんな穏やかな気分とは対照的に、つけっぱなしのテレビにはドラマの続きが流れ、結婚生活についての愚痴をこぼす不満げな女が映し出されている。

私は、その女優の表情を眺めながら、あの時の、自分を思い返していた。

【恋愛のフィロソフィー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo