東京で確実に美味い寿司はここだ! Vol.22

寿司屋のつまみで粋に飲むのが好きなあなた!居心地最高な中目黒の名店へ!

「すみいか」

すっきりと自然な甘みをもつシャリも絶品

心地よく酔い始めた頃にお待ちかねの握りが登場。

最近は赤酢や砂糖を強く効かせるシャリが多い中、岡田氏のシャリは米酢を使い、その自然な甘みを活かして砂糖はほんの少し。

とてもすっきりした味でそれぞれに仕事を施したネタとよくなじむ。

「まぐろ赤身」

珍しい黒酢を使用したシャリにも注目

「まぐろの赤身」や「うに」などのネタのシャリは、黒酢を使用したものに変更するのも『鮨 おかだ』ならでは。

赤酢よりもさらに風味が深くクセがない、ふくよかなシャリの味わいがクセになる。

通常よりもやや高めの温度で握られ、ネタの旨みが口の中でふわりと広がるよう工夫されているのだ。

「うに」

「淡路島産 真鯛」

「シメサバ」

“握りの形”に込められた大将の想い

味わっていると握りが末広がりになるように握られていることに気がつくだろう。この形には「味わった人に幸せになって欲しい」という大将の想いが込められているのだ。

やや細長く、女性でも食べやすい小ぶりな握り。そんな大将の想いも込められていると知れば、より一層美味しさが増す。

「白海老」

「岡山産 本ミル貝」

「車海老」

「穴子」

手巻き「エシャトロタク」

コースを締めくくるのは『鮨 おかだ』名物手巻き

コースの締めくくりには、同店名物の手巻き「エシャトロタク」が手渡しで供される。

エシャロット、たくあん、トロという珍しい組み合わせだが、これが相性抜群!

手巻きは手渡しで供される

トロの旨みに、エシャロットやたくあんの食感が重なり、今までにないハーモニーが生まれている。

口の中で美味しさが弾けるような食べ心地に魅了されること間違いなし。

常連が楽しみにしている、人気の寿司ネタの一つだ。

「黄ニラ卵とじの味噌汁」

“岡山の美味しさを届けたい”そんな想いがこもった一杯

岡田氏の出身地である岡山県や、瀬戸内の魚介や野菜を積極的に取り入れ、提供する『鮨 おかだ』。

岡山の美味しい食材を多くの人に味わって欲しいという大将の想いは、最後に供される岡山県産の黄ニラを使用した「黄ニラ卵とじの味噌汁」にもしっかりと表現されている。

ホッと心が和む極上の一杯を味わえば、誰もが「また訪れたい」と思うはず。

中目黒駅から徒歩5分。ビル1階に位置

昼でもお酒を楽しんで貰えるよう、夜と同様のメニューも用意しているのも鮨好きには嬉しい限り。中には一人でつまみや鮨を味わう人もいるという。

桜が満開を迎えるこの時期、目黒川沿いの名店『鮨 おかだ』で春の訪れを存分に感じてみてはいかがだろう。

【東京で確実に美味い寿司はここだ!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo