オトナの恋愛塾~解説編~ Vol.97

「この女は、マジでヤバイ…」男が逃げ出したくなった、“一見普通な女”が見せた欲求

恋とは、どうしてこうも難しいのだろうか。

せっかく素敵な出会いをしても、相手に「また会いたい」と思わせない限り、デートにも交際にも発展しない。

仮に、順調に駒を進められても、ある日突然別れを突き付けられることもある。

しかし一見複雑に絡み合った恋愛でも、そこには法則があり、理由がある。

どうしたら、恋のチャンスを次のステップへ持っていけるのか、一緒に学んでいこう。

今回は軽く嫉妬をした途端に女が振られたのはナゼ?という宿題を出していた。

あなたはこの宿題が、解けただろうか?


沙織と出会ったのは、3年前のことだった。しかし当時はあまり記憶に残っておらず、何事もなく終わったのだが、異業種交流会で再会したのだ。

「あれ?どこかでお会いしたことありますよね?」
「えーっと・・・」

最初は、覚えていなかった。だが話していくうちに記憶が蘇っていく。

「2,3年前にユウキさんが開催した食事会じゃないですか?」
「おぉ、そうだ!久しぶり〜」

—あれ?こんな可愛かったっけな?

動機は不純だったかもしれないが、可愛かったこともあり、僕の方から食事に誘った。

そして3度目の食事で正式に付き合うことになったのだが、知れば知るほど、彼女の“ヤバイ癖”についていけなくなったのだ。

【オトナの恋愛塾~解説編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo