麻布十番をひも解く4つのトレンド Vol.2

あの“人気店”も麻布十番に続々と上陸!

他エリアで人気を博す名店も、この地を目指す

左.東北産短角和牛の赤身のタリアータ¥2,800。赤身肉の濃密な味わいが感じられるモモ肉を使用

右.マルゲリータ¥1,550。生地はイタリアの粉に国産小麦をブレンド。粉の旨みが出るよう、低温熟成させるのがこだわり

ピッツェリア ファンタジスタ ドゥエ

PIZZERIA FANTASISTA DUE

高い技術を持った職人がいるピッツェリアは、つねにたくさんのお客で賑わい、街そのものを活気づけるものだ。湯島で人気を集め、今年4月に麻布十番に2号店をオープンさせた『ピッツェリアファンタジスタドゥエ』。この店では、日本一のピッツァ職人が焼いたピザが食べられる。

窯の扱いや焼き方など、18の審査項目があるコンテストで優勝した経験を持つ店長の坂本大樹さんは「ナポリピッツァの材料は、いたってシンプル。だからこそ生地の美味しさにこだわりたい」と言う。直径30㎝とサイズは大きめだが、ペロリと食べられるのは生地そのものが美味しいという何よりの証拠。気負いはまったく感じさせないが、クオリティは抜群。そんなピッツェリアがこの街によく似合う。

左.バンビーナ トマトすき焼き¥1,800。卵黄とふわふわのメレンゲにからめて食す

右.極上黒毛和牛 特選盛り¥3,500。上ヒレ、ハラミ、うちももを自家製オニオンソースやガーリックチップと共に味わう。肉の旨みが凝縮!

テッパンバンビーナ アザブジュウバンホンテン

鉄板バンビーナ 麻布十番本店

肉好きなら、一度はその名を耳にしたことがあるはず。コストパフォーマンスの高い肉や、斬新なメニュー構成で話題を集めている『うしごろ』が手がける鉄板焼き店が麻布十番にオープンした。

鉄板焼きというと、やや敷居が高いイメージがあるが『TEPPANBAMBINA』は、あくまでカジュアル。熟練の職人がベストな火加減で仕上げる肉料理は、素材の品質が際立つ逸品ぞろい。

愛知県産の“満月”という卵の卵白を溶いて作ったメレンゲと濃厚な卵黄につけて食すトマトすき焼きや、つなぎを一切使わないハンバーグなど、趣向が凝らされたメニューも登場する。“肉(29)”にかけた2900円のボトルワインを呑みつつ肉を頬張れば、心もお腹も満足感でいっぱいになる。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【麻布十番をひも解く4つのトレンド】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ