嘘 Vol.6

「6年前に戻れたら…」元カレに再会し、思わず誘ってしまった人妻の本音

幸せな夫・妻を演じる結婚生活は、まるで“ままごと”のようだ。

確かに、幸せなのだけれども…。

満たされぬ思いを誤魔化すために、人は自分にも愛する人にも嘘をつく。

嘘で人生を固めた先にまっているのは、破滅か、それとも…?

満たされない女と男の、4話完結のショートストーリー集。

1話~4話は、『片想い』をお送りした。5話~8話は、5話~8話は『運命の人』

◆これまでのあらすじ

幸せな結婚生活を送る商社マンの塁(35)は、同期会で元カノ・史帆と再会したことをきっかけに、数年ぶりに彼女と連絡を取り合うことに…。


「史帆、おかえりー。休日出勤おつかれ!」

広尾にある自宅へ帰ると、パエリアに真鯛のカルパッチョ、そして食事に合わせたスパークリングワインが用意されていた。

「うわぁ~おいしそう~!おなかペコペコだよ」

結婚して2年。

料理が趣味という夫の信二は、休みの日には必......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
過去は美化されますね。
自分で合わないって判断して、きっとその判断は間違っていなかったのに、少しでも後悔があると数年後迷う。
今が充実していて幸せでも。
今の幸せを失くさないように過去に囚われるのは程々にしないといけないですね。
2020/02/26 05:1599+返信2件
No Name
さっさとパートナー見つけて婚約してしまうほうが仕事に邁進できるよね。塁と婚約しておけば31歳で東京もどってから婚約じみたことしなくて済んだだろうし。
でも明らかに現旦那のほうがいいと思うけどな。自立した女性が好きと言いながら「どうしてもクアラルンプールに行きたいなら」って矛盾してるよ、婚約するにしろ別れるにしろ手放しで応援しろよ。
2020/02/26 06:2268返信3件
田舎者
後ろばかり見ていると前が見えなくなって迷走するよ。
2020/02/26 06:5054返信1件
No Name
CAで守られ系で儚げな人見たことないんだけど。。みんな強気で元気じゃない?
2020/02/26 08:3444返信1件
No Name
日経大手の海外赴任をどんぴしゃで結婚適齢期にぶつけるのやめて欲しいよなー。男からすると28歳くらいで赴任をきっかけにプロポーズして連れてくってのでちょうどいいのかもしれないけど、女だとそういうわけにもいかないしさ。
2020/02/26 06:5238
もっと見る ( 67 件 )

【嘘】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo