休日ジェットセッター【プランニング編】 Vol.8

滞在49時間でセブ島へ!寒い日本を飛び出して行きたい、女の弾丸ステイ・セブリゾートの魅力♡

【3日目】
1月27日、月曜日。9:00 ラストビーチ&プールTime(残り滞在時間6時間)


最終日は、朝からプールサイドでリラックス。またはホテルの美しいプライベートビーチで、最後の最後まで存分に堪能したい。

11:00 チェックアウトを先に済ませて、ビーチレストランでブランチを(残り滞在時間4時間)


部屋に戻ってチェックアウトを先に済ませたら、荷物を預けてブランチを。

残り滞在4時間を切っているので、欲張って遠出はせず、ホテルで食事をとるのがオススメ。ホテルのビーチサイドには、カジュアルな軽食バー『ブリーズ』があり、新鮮な魚介を使ったサラダや、フィリピンの代表スイーツ・ハロハロを食べることもできる。

旅の最後に、海風を感じながらビーチサイドでのひと時を。

心ゆくまで楽しんだら、荷物をピックアップして空港へ向かおう。


【Breeze @Shangri-La’s Mactan Resort & Spa, Cebu】
住所:Punta Engaño Rd, Lapu-Lapu City, Cebu, 6015 Cebu, Philippines
電話番号:+63 32 231 0288
URL:公式ホームページ
URL:Googleマップ
営業時間:【ドリンク】9:00~19:00【軽食】11:00~18:00

15:00 マクタン・セブ国際空港出発


フィリピン航空・PR436便で帰国し、夜の20:30に成田空港到着だ。

3日間で満喫した、セブリゾートの旅。滞在時間はたったの49時間にもかかわらず、美しいビーチ、極上のスパ、オシャレなレストランと美味しいお酒、離島へのショートトリップ、ホテルでくつろぐリラックスタイム・・・と、セブの魅力をたっぷりと堪能できた。

フライト時間は往路5時間半、復路は4時間半で直行便があり、時差もたったの1時間と、移動による体への負担が少ない。また、フィリピンならではの物価の安さのおかげで、東京では信じられないような価格で様々な経験が出来る。

だからこそ、弾丸ステイでも気軽に訪れてほしいリゾート地なのだ。

まだまだ日本は寒いけれど、南国・セブでエネルギーを十分にチャージし、また明日からの仕事も頑張ろうと思える旅となった。


今回の旅程まとめ・セブリゾート2泊3日


【1日目】
9:35 成田国際空港発(PR435便)⇨14:00 マクタン・セブ国際空港到着
15:00 『シャングリ・ラ マクタン リゾート&スパ セブ』ホテル到着&チェックイン
17:30 オシャレな邸宅レストラン『circa1900』でディナー
21:00 セブ内屈指の高級スパ『Chi the SPA』で心も体もリラックス

【2日目】
6:00 日帰りで離島へ行こう!ホテル出発
9:00 ボホール島到着
10:30 お姫様気分が味わえるリバークルーズ・ブランチ
12:30 ボホールビーチクラブへ
16:00 タグビララン港出発、セブシティへ戻ろう
18:30 VIP達も愛する名店『Anzani』でワインと共に素敵な夜を♡
22:00 シーサイドバー『Cowrie Cove』でゆっくり一杯

【3日目】
9:00 ラストビーチ&プールTime
11:00 チェックアウトを済ませたら、ビーチレストラン『Breeze』で軽食
15:00 マクタン・セブ国際空港出発(PR436)⇨20:30成田国際空港到着

東レデート詳細はこちら >

【休日ジェットセッター【プランニング編】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo