嘘 Vol.1

嘘:「恋愛の傷は、他の男で癒す…」26歳・恋愛ジプシー女のリアル

その帰り道、お互いにフォローしあったインスタアカウントのフォロワーから“Sumile”を探し当てた時は、ちょっとした達成感にかられた。

しかしその直後、私は自分の行動を後悔することになる。

最新の投稿をタップすると、真っ白な歯を見せて笑う、底抜けに明るそうな美人がこちらを向いていたのだ。

こなれた感じでワンレンをかきあげた仕草が印象的で、圧倒的な存在感を放つ美女。自分が美人だと自覚していそうな、自信に満ちた笑顔。

私だって、ルックスにはまあまあ自信があるし、言いよってくる男だってそれなりにいる。

だけど…、この女には敵わない。

その写真を一目見ただけで、本能的に敗北感に襲われてしまった。


友也と関係を持つまで、そう時間はかからなかった。

ある日の金曜日、数人で遅くまで飲んでいたときのこと。

「また、紗英ちゃんと飲めて嬉しいよ」
「私も~。明日休みだから、今日は飲もう!!」

そんな会話からか私の仕草や視線からか、友也は勘付いたらしい。彼は自分に気を持っている女を見分ける嗅覚に優れているようだ。

1人、また1人と終電で帰宅し、2人きりになったとき、何の躊躇もなくすぐに私を麻布十番にある自分の部屋へと誘った。

順序云々以前に、彼女のいる、しかも、遊んでいるであろうことが全身から漏れ出ているこの男。痛い目を見るであろうことは十二分に頭では理解していた。

それでも、それを承知した上でも、どうしても本能的に引き込まれてしまう何かが彼にはあったのだ。

―友也の香りに包まれ、抱かれている一瞬は幸せだった。

しかし、その甘美な時間に浸りきることはできなかった。

「そこらへんの化粧品適当に使っていいよ」

そう言って、友也が指さした一帯には、シャネルの化粧品一式に、ゴールドの大ぶりのピアスやブレスレットと、スミレの私物らしきものたちが無造作に置かれていた。そしてそれらは、嫌でもスミレという女の人物像を浮かび上がらせ、その像はまるで私をけん制しているかのようだった。

それでも私は、その日を境に、友也にそれとなく好意を伝えはじめた。

ーもしかしたら、自分に振り向いてくれるかもしれないー

そんな淡い期待を込めながら、冗談交じりに“好き”という言葉を投げかけたりした。

それだけじゃない。

入念にケアした艶のある髪で、お気に入りのネイルで、頻繁に新調しているファッションで…。

あの手この手で友也への愛情を表現したのだが、いつもその変化に気づくのは健二だけだった。



そんな関係を続けて半年。

何人かで飲んだ帰り道、友也がこっそり私を誘ってきた。

「ねえ、明日の夜、2人でゴハン行こうよ」
「え、明日も?」

2人で食事に行こうと誘われたのは、これが初めてだった。

何の予定もないのは明らかだったが、スマホで予定を確認するふりをしてから「まあ…別にいいよ」と返事をした。

私は舞い上がり、その日の夜も入念に肌のお手入れをして、たっぷりの睡眠をとった。

しかし、そんなに物事はうまくいくものではないらしい。

次の日、待ち合わせ直前に、「ごめん、仕事が終わらなそう」という嘘か真かわからぬメッセージが入り、その日はふいになってしまったのだ。

一日中、上機嫌で過ごしてしまった分、落胆のふり幅も大きい。

LINEの画面を見つめていたら、画面が暗くなり、おしゃれをした自分の姿が、もの悲しく画面越しに映った。

せっかく着飾った身を持て余すむなしさに耐え切れず、私は健二を呼び出すために、いつものように連絡した。行き場をなくした承認欲求を、とにかく誰かに満たしてほしかったのだ。

しかし、自暴自棄になりかけた私のぶっきらぼうな呼びかけに、その日の健二の反応は冷たく、そして必要以上に私を傷つけるものだった。

―ごめん、仕事が終わらない、今日は無理だ。

いつもなら、どうにか仕事を切り上げて駆けつけてくれたはずの健二。どこかで聞いたことのあるフレーズをもって、私が健二に傷つけられるなんて…。

気づくと、私はほとんど無意識のうちに、スマホで別の男へ連絡をしようとしていた。

ーいつものことだ。

こうして、私は、やり場のない感情を他の男で満たすということに慣れてく。

▶Next:1月29日 水曜更新予定
友也の心が徐々に紗英に傾き始める…?スミレを含めた4人の思いが交錯しはじめる…。

東レデート詳細はこちら >

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
わかるー!紗英の気持ち。切ないけどやってしまう。
2020/01/22 05:3499+返信14件
No Name
健二と付き合っちゃえばいいのになあ、、、
2020/01/22 05:3569返信2件
No Name
面白そうな連載始まった。
2020/01/22 05:3449返信3件
No Name
他人の好意を都合良くつかうやつ嫌いだわ。
もう少し人として誠実に生きててくれないと周りに迷惑だ。
2020/01/22 07:2530返信3件
No Name
健二の事を好きになれたら幸せになれるって頭では分かってるけど、どうにもならないよね
2020/01/22 06:5528返信3件
もっと見る ( 66 件 )

【嘘】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo