結婚3年目の危機 Vol.14

「自慢の妻ですが、離婚の危機です」起業家の妻を持つ、サラリーマン夫の言い分

−この結婚、本当に正解だった?−

かつては見つめ合うことに夢中であった恋人同士が結婚し、夫婦になる。

非日常であったはずのときめきは日常となり、生活の中でみるみる色褪せていってしまう…。

危機を無事に乗り越える夫婦と、終わりを迎えてしまう夫婦。その違いは一体、どこにあるのか−?

前回は、起業し年商1億超となり、“夫の年収を超えた妻”の言い分を聞いた。今回は夫・健吾の言い分を聞いてみよう。


危機事例⑦ 結婚3年目の立場逆転−夫の言い分−


【田所家・結婚3年目の事情】

夫:健吾(仮名)
年齢:35歳
職業:メガバンク

妻:萌(仮名)
年齢:35歳
職業:アパレル経営


「応援しているに決まっているじゃないですか」

師走の丸の内。『GARB TOKYO』の窓際席。

イルミネーション......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
夫の言い分見ると、妻が配慮を欠いてる気がしてきました。笑
2019/12/28 06:0199+返信5件
No Name
夫、ちゃんと自分の気持を伝えてない。
「外もいいけど、君の作るブランチの方が好きだな、時々でいいから作ってくれない?」とか、「俺はメガバンクの仕事に誇りを持って頑張ってるから、そんな言い方されたら腹が立つ」とか。

ちゃんと向き合う気持がない所に、この夫婦の危うさを感じる。
2019/12/28 06:0999+返信9件
No Name
先週のだけを見ると僻みっぽい健吾って感じだったけど、今週のを読む限り萌にも原因がある、というか萌の方にも原因があるような気がする。。
2019/12/28 07:1199+返信2件
No Name
妻が起きて待っていてくれた、ブランチ作ってくれたって、では働く妻に対してこの夫は何をしてあげたんだろうな。
言い方が悪いなら、ちゃんと伝えればこの妻は直すと思うけど、本質的な問題はそこじゃなさそう。
結局は専業主婦の妻か、もしくは自分に迷惑がかからない程度に働いて家事もする妻が良かったってことですかね。

妻も無神経なところはあるけれど、夢を追いかけて仕事に邁進する妻を受け入れられないんなら根本的
な価値観が違うから難しいのでは。
2019/12/28 08:0795返信5件
No Name
小さい男だな、が第一印象。手料理食べたいなら何で自分で作らない⁉️
忙しいとか知ったこっちゃない、妻が家事をやるもの、という前時代臭がした。
が、人の仕事を貶める発言はダメだわ。これは嫌いになるレベルだね。
というわけで、正に合わせ鏡な夫婦でしたとさ。
2019/12/28 08:0966返信2件
もっと見る ( 66 件 )

【結婚3年目の危機】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo