僕のカルマ Vol.8

「彼女は、心のオアシスなんだ」仕事に勤しむエリート男が、本能で取ってしまった行動

世の中は、弱肉強食の世界だ。

特に、この東京で生きる男たちにとっては。

皆、クールな顔をしながら、心に渦巻くどす黒い感情を押さえつけるのに必死だ。

弁護士としてのキャリアを着実に重ねる氷室徹(34歳)は、パートナー目前。年収は2,000万を超える。圧倒的な勝ち組と言えるだろう。

しかし、順風満帆に見えた彼の人生は、ある同級生との再会を機に狂い始めていく。

◆これまでのあらすじ

ある日氷室は、かつての同級生・堀越と再会する。ところが昇進目前にして、堀越との案件が頓挫した上に、彼からは「昔氷室に暴行を受けていた」などと覚えのない主張をされて戸惑うばかり。

そんな矢先、再び仕事は上り調子となり、美人秘書・宮瀬とも関係を持ち始め…。


「宮瀬、これをバイク便で頼む。大至急だ、今日の16時に間に合わせてくれ」

氷室は、押印した書類を雑にまとめ、宮瀬に放り投げた。

彼女は嫌な顔一つせず、「承知いたしました」と書類をきれいに整え、封筒に入れてバイク便の担当者を呼び出す。

−これでいったん片がついたか。次......


【僕のカルマ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo