オトナの恋愛塾~宿題編~ Vol.81

お泊まりデートしたのに「直前でお預け」…。女と行った温泉旅行で、男の態度が急変したワケ

宿題2:この温泉デートで何がいけなかったの?


それは、初デートから数えて5回目のデートの時だった。

初デートは1月だったが、気がつけば季節は変わり、6月になっていた。

定例となっていた食事で、私はこの煮えきらない関係に若干の焦りと苛立ちすら覚えていたが、なんと拓人の方から旅行に誘ってきてくれたのだ。

「来月ちょっと忙しいんだけど、夏休みにゆっくり温泉でも行かない?」

「え、も、もちろん!!行く!!」

拓人と旅行に行けることが何よりも嬉しくて、もちろん即答でYESだった。

「じゃあ宿とか僕に任せてもらえる?予約しとくね」
「うん♡ありがとう」

こうして、念願の“お泊まりデート”をすることになった。

しかし、ここで疑問が湧く。私たちはまだ正式に付き合っていない。けれどもこうして泊まりに誘うということは、一体どういう意味なのだろうか。

—これで、私は晴れて拓人の正式な彼女になれたってことなのかな・・・

そんな気持ちを抱えながら、温泉デート当日を迎えてしまった。


拓人が予約してくれていたのは、お部屋に露天風呂がついているとても素敵な宿だった。

「わぁ・・・素敵!!」

事前に宿のリンクが送られてきたのだが、一泊10万円はくだらない高級旅館だ。

拓人の経済力からしたら痛くもかゆくもないのかもしれないけれど、こんなところを予約してくれている時点でさすがに彼も気合が入っているはずだ。

そして旅館の美味しい夕ご飯を済ませ、お酒も入り、なんとなくそういう雰囲気になる。

けれども(何度も言うが)私たちはまだ正式に付き合っているわけではない。

拓人から一度も正式に“付き合おう”とも言われていない。

こうして何度も二人で食事へ行き、彼の態度からして私に好意があることは間違いない。

でもやっぱり、確約が欲しい。どうしても私は、拓人から“付き合おう”という言葉が欲しかった。

正式な言葉の前に、男女の行為だけ済ませてしまうと、この先付き合ったところで愛されないのでは・・・そんな不安がよぎり、お互い浴衣を脱がせ合おうとしたところで私は拓人に聞いてみた。

「ちょっと待って・・・・」

手が止まり、驚いたような顔でこちらを見つめる拓人。

「どうした?」

「あのさ、私達って正式に付き合っているってことでいいのかな?年齢的にも“付き合おう”っていう言葉が欲しいし、交際前にこういう事をするのはダメだなぁって…。ちゃんと“彼氏・彼女”というオフィシャルな関係じゃないと、嫌なの」

ここで、拓人から“じゃあ付き合おう”とか、“俺たちもう付き合ってるんじゃないの?”みたいな言葉が聞けると思っていた。

けれども、彼の口からは信じられない言葉が飛び出してきたのだ。

「そっか、そうだよな・・・ごめん」

それだけ言うと、はだけていた浴衣を丁寧に直してくれ、そしてタバコを吸いにベランダへ出て行ってしまった。

—ちょ、ちょっと待った!!!!どういうこと?

結局その晩、私たちは何もすることなく平和に寝て、そしてまた美味しい朝ごはんを食べて帰ったのだ。

そしてこのデート以来、拓人からの連絡はかなり素っ気ないものになってしまった。温泉から約3ヶ月経つが、未だに一度も会えていない。

変な話、体が目的ではなかったことは確かだ。もしもそうだったら、出会ってすぐに手を出そうとしていただろうから。

それに好意がなければここまで定期的にも会わないし、そもそも温泉旅行になんて誘わないはずだ。

ーそれともやっぱり、私のこと遊びでしかなかったの?

一体私は、どこで何を間違えたのだろうか。


▶NEXT:11月17日 日曜更新予定
初デートからお泊まりデートに至るまでの男の本音とは?

東レデート詳細はこちら >

【オトナの恋愛塾~宿題編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo