勝ち組の遠吠え Vol.2

「モテたくて、慶應に入りました」。山口から上京した男が、直面した厳しい現実とは

「僕、大学は慶應だったんです。でも就職は地元山口でする羽目になって…」

海斗は、山口県の宇部市という田舎町で生まれ育った。

高校までは地元でそれなりにモテたらしく、その事実につけあがってしまったのか、洗練された美人やモデルのように可愛い子と付き合いたいと思ようになった。そして高校2年生の時、もっとモテる方法を自分なりに調査した結果、「慶應ボーイになる」という結論に辿り着いた。

そして、「今より可愛い子と付き合いたい」という理由だけで、慶應を第一志望に据え、必死に大学受験を戦い抜き、見事、慶應への現役合格を果たしたのだった。

しかし、経済的に余裕があったわけではなく、生活費は自分のバイト代で稼ぐことを条件に上京した。

そして入学後は、モテたくて可愛い子が多いと噂のテニスサークルに入った。

「そこで思い描いていた通りの可愛い子や美人に山ほど出会うことが出来ました!本当にみんな女優さんの卵なんじゃないか?ってくらい!でも、出会ったところで、僕みたいな田舎者は相手にすらされなくて…。慶應ボーイにさえなればモテる、というのは勘違いだったと実感しました(笑)」

当たり前の話ではあるが、レベルの高い女性の周りには、レベルの高い男性も群がる。結局、そんな可愛い子や美人たちが付き合う相手は、幼稚舎から上がってきた生粋のお坊ちゃんでしかもイケメンの人間ばかり、海斗は相手にすらされなかったという。

そして特にテニスがやりたいわけではなかった海斗は、すぐにそのテニスサークルとは疎遠になり高校時代からやっていたバスケのサークルに入った。

「そこで出会った男友達とは妙に気が合って。みんな顔は悪くないんだけど、地方出身の奴らばっかで、今考えると、どこか芋臭さが残ってたんだと思うんです」

類は友を呼ぶというのか、似た者同士の親友ができた海斗。大学4年間、彼らと一緒に大いに青春を謳歌したという。

大学の授業はそこそこに、朝から晩までバイトと遊びで駆けずり回った。高嶺の花と付き合うことはできなかったが、麻雀に合コン、海にスノボに学園祭と、まさに人生の夏休みのような期間だった。


社会人になっても、楽しい時間が続くだろうと、どこか漠然と思い描いていた。

しかし、現実は違った。

「東京での就職試験に全部落ちたんです…」

就活中もバイトばかりしていたため、面接の準備ができなかったと、悔しそうに語る。

結局すべりこみで内定をもらえたのは、地元の銀行だけだったそう。

「地元の地銀だって悪くないんですよ。親なんてむしろ喜んでいたくらいだし。でも、僕が思い描いていたような社会人生活とは程遠くて…」

就活留年する金銭的余裕もなく、友人たちがみな東京で就職していく中、海斗だけが泣く泣く地元山口へと帰った。

まだ、この時は、地元での就職が海斗の運命を動かすきっかけになるとは、思ってもいなかった。

「社会人になってからも、東京にいるみんなはしょっちゅう集まってて。LINEグループで繰り広げられる楽しそうなチャットが、羨ましくて羨ましくて…。

僕も東京でみんなと遊びたいとずっと思っていましたね。新入社員ですぐに転職っていうのも厳しいから...。今すぐできることなんてないし。ずっともどかしい気持ちでいました」

当時を懐かしむように、目を細めながら海斗は続けた。

「社会人1年目の夏頃だったかな。いつもの様にそんなことをLINEで愚痴ったら、友人の一人が“じゃあ、自分でビジネスやったら?”って言ってくれたんですよ。聞くと、サークルの1個上の先輩が自分でビジネスをやっていたらしくて。たしかに、自分で事業を立ち上げるんだったら今すぐ一人で出来るじゃん、て気付いちゃったんです」

すぐにその先輩に連絡を取ると、その先輩も元々は文系なのに、アプリ開発を0から勉強してビジネスにしたという。そんな話に勇気づけられ、海斗も同じように0からのアプリ開発に挑戦しはじめた。

これが海斗にとって転機となる。

「当時勤めていた地銀は超ホワイトで、ほぼ毎日定時で帰れたんです。実家暮らしだったから家事もしなくてよかったし、あの時は、持てる時間を全て費やして、せっせとアプリ作りしてましたね。まあ、彼女もいなかったしそれ以外にやることもなかったので(笑)」

モテたいというモチベーションだけで受験を突破した過去を持っているだけあって、何か目標が決まれば、そこに向かって突っ走る力は並大抵なものではなかったのであろう。

「東京に戻って、友人と遊びたい」というモチベーションがきっかけだったが、そのうちアプリ作りが面白くなり、なんと、1年ちょっとで仮想通貨のデモトレードアプリを数千万円で売却するに至ったという。

「その時の達成感といったらもう!!この山口県内では間違いなく僕が今1番だ、って自信ありましたね、まじで!!」

何の1番なのかはよくわからないが、とにかく有頂天だった海斗は、その勢いですぐに地銀を退職し、六本木に引っ越したという。

その後、東京に戻ってきてからも、アプリ作成と売却を繰り返し、今の会社を設立するまでになったのだ。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
典型的な、勘違い君ですね、全てが痛い... とは言うものの全く結果が出ていない勘違い野郎よりは100倍ましだと思います! 頑張り屋さんみたいだし、実行力はあるから、早めに目が覚めて、再出発のチャンスがある事をお祈り申し上げます。
2019/11/20 05:4599+返信4件
No Name
確かに、金づるにされてるぞ!て突っ込みたくなるラインの内容だわ🤣
一周回って、また男友達の大切さを認識できる時が本当に彼が成長した時なのかもしれませんね!
2019/11/20 05:3899+
No Name
こんな生活がそれこそ今日終わりを迎えるかも知れないのに、全く危機感もなくいい歳して女の子のお尻を追っかけ回しているだけならそりゃ友達も見放すわな…
2019/11/20 05:2779返信1件
No Name
頭はいいけどバカだね
2019/11/20 05:4040
No Name
宇部をdisるんじゃねえ!店は8時に閉まっちゃうけどな。
2019/11/20 06:3834返信4件
もっと見る ( 67 件 )

【勝ち組の遠吠え】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo