港区モード Vol.19

本物だけが持つ味わい。上質なバッグと、女性にモテる男に共通すること

港区には、モードな男たちが多数出没する。

スタイリッシュで、品があり、上質なファッションを纏う『港区モード』な男たち。彼らが街を歩けば、そこにドラマが生まれる。

これまで、「最後の男」「One day」「東京男の品格」で港区に住む様々な人の物語を紹介してきたこちら。

前回に続き、今週も「港区モード」のディテールをじっくりとご紹介しよう。

今週の港区モード:「クロムハーツのレザーバッグ」

バッグ[W30×H46×D15㎝]¥365,000、サングラス¥113,000、ネックチェーン¥392,000、ブレスレット¥669,000〈すべてクロムハーツ/クロムハーツ トーキョー 03-5766-1081〉、その他/スタイリスト私物


休日。ふらりと青山の高級インテリアショップに立ち寄った男が傍らに携えていたのは、クロムハーツのトートバッグだった。

クロムハーツは不思議な魅力に溢れたブランドだ。

アメリカ カリフォルニアでリチャード・スタークによって設立されたクロムハーツは、現在では世界中のセレブリティやファッション&音楽業界を始め、高感度な人々をも魅了している。


同ブランドといえばシルバージュエリーを真っ先に思い浮かべる人も多いが、ウエアやレザーアイテムなど幅広いラインナップが揃っており、装いに馴染みながらも確実に個性を主張してくれる。


そして、若者がつければ若者らしく、大人がつければ大人らしく、それぞれの世代にふさわしい存在として輝きを放つ。

【港区モード】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo