港区モード Vol.14

トゥーマッチに見えがちな装いにならない。ギリギリのさじ加減がシビれるスーツ

港区には、モードな男たちが多数出没する。

スタイリッシュで、品があり、上質なファッションを纏う『港区モード』な男たち。彼らが街を歩けば、そこにドラマが生まれる。

これまで、「最後の男」「One day」「東京男の品格」で港区に住む様々な人の物語を紹介してきたこちら。

先週に続き、今週も「港区モード」のディテールをじっくりとご紹介しよう。

今週の港区モード:「エトロのスーツ」

スーツ¥390,000、ニット¥69,000、シューズ¥113,000〈すべてエトロ/エトロ ジャパン03-3406-2655〉、眼鏡/スタイリスト私物


巧みに色柄を用いることで、世の中の男性に装う喜びを発信しつつづけるブランド、エトロ。その興りは、今から50年以上昔の1968年にまで遡る。

創業者のジンモ・エトロは、祖母が身につけていたカシミール文様のショールからインスパイアされ、1981年に『ペイズリー』と呼ばれる模様の生地......


【港区モード】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo