ミーハー女 Vol.2

「私、男運がなくて…」。いつまでたっても幸せになれない女の嘆き

日々、新しいショップやレストランがオープンし、アップデートを繰り返す街・東京。

東京で、そのすべてを楽しみつくそうとする女を、時として人は「ミーハー女」と呼ぶ。

ミーハー女で何が悪い?

そう開き直れる女こそ、東京という街を楽しめるのだ。

PR会社に勤務するミハル(27歳)も、最新のものをこよなく愛する「ミーハー女」である。

ただミハルの場合は、恋愛においてもミーハーであり、それが人生を少しだけハードモードにしていたのだ。

◆これまでのあらすじ

商社マンからデートをドタキャンされたミハルの前に現れた匠。匠から、女としてのダメ出しをされて落ち込むミハルは、彼に連れられるまま、ある場所を訪れる。


夕暮れ時、煌びやかな銀座の街を、匠とミハルは歩いていた。

ブランドの路面店に立つ、モデルのような佇まいのドアマン。ピカピカに磨かれたショーウィンドウに並ぶ、新作のコレクション。

銀座という街は、東京のどこよりも、イイ女になった気にさせてくれる。

ミハルがショーウィン......


【ミーハー女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo