オトナの恋愛塾~解説編~ Vol.75

「こんなことまで載せちゃうの!?」デート直後、男が女のインスタ画像を見つけて幻滅したワケ

解説1:勝手に自分が写っている写真を載せないで!


亜希と出会った翌日に早速LINEを送り、初デートは『フレンチ懐石 広尾おくむら』になった。

「亜希ちゃんってさ、本当にスタイル良くて可愛いよね」

今日も亜希は可愛いし、スタイルの良さが目立つような服装をしているせいか、いい女感がより際立っている。

「全然、そんなことないよ〜」

そして謙遜するところもまた素敵だ。“本当にこの子、いい子だなぁ”そう思っていた。

「大志くんって、いい人だよね」
「そう?いい人って、男からすると褒め言葉ではないからね(笑)」
「そっか、ごめん」

デートが始まってしばらくしてからも、普通に盛り上がっていた。しかし、その時だった。

——“カシャ”。

料理が運ばれてきたタイミングで、亜希は突然写真を撮り始めたのだ。


—ん・・・?今、写真撮った?

“写真、撮っていい?”など、一言も無かったことに驚いていたのだが、本人は特に気にも留めぬ様子で話を続けている。

「うわぁ、とっても綺麗だし、美味しそう!」

けれども今の時代、写真くらい大目に見るべきだろうし、女の子は写真を撮るのが好きな人種だ。

「亜希ちゃんって、ご飯は何系が好きなの?」
「そうだなぁ〜前はイタリアンとか好きだったけど、最近は和食が好きかな」
「和食いいよね。好きなお店はある?」
「西麻布にある『田中田』とか結構好きかも。大志くんは?」
「僕も和食が好きだよ。でも、お鮨も好きなんだよな〜」

—まぁ、写真くらい撮るよな。

いい子だし可愛いし、そんな小さなことはどうでもいいことのはずだ。つまらぬ事を気にしている自分を反省しつつ、僕たちは次のデートの約束をして解散した。


ところが、翌朝の事。

何気なく開いたInstagramのストーリーに上がっていた彼女の投稿を、僕は思わず二度見してしまったのだ。


「あれ?これさ、俺が映ってないか?」

写真の背景に、ぼやっと映っている男の影。パッと見では分からないかもしれないが、見る人が見れば、僕の事だと分かる。

—まだ付き合ってもいないのに、しかも無断で載せるのか・・・?

このモヤモヤ感はなんだろう。

まるで“彼氏とデート♡”ばりのテンションの投稿内容に、勝手に載せられていた感が否めない。

なんだかなぁと思いながら、僕はとりあえずもう一度亜希とデートをする事にした。

【オトナの恋愛塾~解説編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo