人生の定点観測~東京女の就活事情~ Vol.5

「美人で“適度に働く子”が、男の理想」エリート商社マンの本音に愕然とした女

男女平等社会と言われて久しいこのご時世に、大学時代の最終章ともいえるのは4年時の「就職活動」。

この時の選択は、その後の人生を大きく変えるGATE(入口)だ。

これは、若さと美貌、また裕福な実家というバックグラウンドを兼ね備えた女子大生たちの、22歳(就職内定時)・23歳(社会人1年目)・27歳(社会人5年目)時点の人生を描いたものである。

果たして22歳時の選択は、その後の人生にどう影響をもたらすのだろうかー?

これまでに、「就活は婚活」と言い切り、CAとして華々しい生活を送るものの、結婚後「他人から与えられる幸せは長続きしない」ということに気づいた英理佳を紹介した。また、英理佳とは全く異なる価値観で、就職活動を進めた葵

今回は、そんな葵の就職活動後をのぞいてみる。“バリキャリ”を目指して奮闘する葵の社会人1年目とは?


「おい、新入社員の配属見たか?!ミス青学だった由美ちゃん、エネルギー部門だってよ。」

「まじかー、俺タイプだったのに。エネルギー部門の奴ら、羨ましい。ま、でも俺ら金属資源部門には、ミス学習院の千佳ちゃんがくるってさ、万々歳じゃん。」

6月。葵の務める総合商社では、入社時導入研修が終わり、いよいよ新人たちが各部門に配属され、OJTが始まる。

この時期に社内でもっぱら噂になるのが、新人一般職たち(特にミスコン出場履歴やメディア活動経歴があればある子ほど)がどの部門に配属されたかということだ。

巷では、「顔選考」と噂されているほど美人揃いの、葵が勤める総合商社。

公言こそしないものの、そこに勤める誰もが、それを自明のことだと認識している。

そのため、毎年この時期になると、社内は「どの美人一般職が、自分たちの部署に来てくれるのか」の話題で、ひと盛り上がりするのが常である。

一方で葵は、そんな社内の内情をどこ吹く風としながら、配属されたプラント部門にて、これから始まる仕事に燃えていた。

【人生の定点観測~東京女の就活事情~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo