女たちのマッドネス Vol.3

「最初に証拠を見つけたのは、妊娠中でした...」帰らぬ夫を待つ妻が下した、最後の決断

–妻たるもの、夫に愛されなくてはいけない-

そんな強迫観念のごとき価値観が今、巷に蔓延しているという。

「私も、“愛され妻”になりたい...!」

必死で愛を乞うあまり狂っていく女たち....。狂気が狂気を呼ぶ、その様を覗いてみよう。

これまで、愛され妻ブログを開設し人気を博したものの、実際の結婚生活は破綻していた麗子、そして麗子のお茶会に参加した理恵子の狂気をご紹介した。

今回は、同じく麗子のお茶会に参加した、直美(30)の日常を覗いてみる。


帰らぬ夫を持つ妻・直美の独白:「男の浮気は、本当に甲斐性なんでしょうか...?」


タイトル:男性の浮気に怒る?怒らない?

今日はみなさんに、重要なことをお教えしましょう。

男性が浮気をする、もしくは浮気願望があるというのはごく自然なことです。

それは男性の本能というべきもの。ですからエレガントな愛され妻の皆様は、そんな些細なことをいちいち気になさらないことがまず大事です。

大丈夫。最終的にご主人は、必ずあなたの素晴らしさに気が付いてくれます。

もちろん、ただご主人の浮気を我慢すればいい、ということではないんですよ。

愛され妻・麗子の秘密のサロンでお伝えするちょっとしたコツを実践すれば、ご主人は喜んであなたの元へと戻り、そして今まで以上にあなたを愛することになるでしょう。

ーこの続きは、サロンメンバーの皆様のみにご案内いたしますー

***

続きは、麗子さんの愛され妻講座のメンバーになれば読めるのですが…。

麗子さん、以前はすべての記事を無料で公開していたのに、最近はこうしてサロンメンバーのみに限定公開するようになってしまったんです。

続きを読みたいけれど、愛され妻講座は29万円もするんですもの...ちょっと高すぎやしませんか?

お恥ずかしいことを白状すると…我が家の夫、本当に女癖が悪くって。

どこの馬の骨とも知らぬ独身の女、同僚や、はたまた他人の奥さんまで...本当に見境がない。

隠しているつもりでしょうけど…色々と真っ黒な証拠を掴んでいるんです、私は。

あなたのご家庭はどうですか?ご主人、浮気してます?

え、してない?...うちは100%大丈夫ですって?

良いですねぇ、羨ましい。

でも、なぜ100%って言い切れるのですか?

【女たちのマッドネス】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo