もう1人の私 Vol.5

モテるのに“セカンド女”になり下がる、27歳OL。彼女が抱える深い闇

貴方は、自分の意外な一面に戸惑った経験はないだろうか。

コインに表と裏があるように、人は或るとき突然、“もう1人の自分”に出会うことがある。
それは思わぬ窮地に立たされたとき、あるいは幸せの絶頂にいるとき。

......そして大抵、“彼ら”は人を蛇の道に誘うのだ。

前回登場したのは、イケメンエリートに好意を寄せられた、意外な一面を持つ地味女の珠美(27歳)

今回は、彼女の同僚であるキラキラOL笹原翔子(27歳)の「もう1人の自分」を紹介する―。


18時。定時になるといそいそと私は帰り支度を整えた。パッと確認したスマホの画面には、数人から食事のお誘いメッセージが並ぶ。

『来週の金曜日、たきやの予約が取れました。会えるの楽しみにしています。
『来週空いてる日あったらご飯いかない?』
『翔子ちゃん、来週土曜日ドライブでも......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
人のものだからほしくなるって感覚はどうして生まれるんだろうね?
そこんとこ説明ちょうだい!!
2019/08/06 05:1899+返信16件
たまに
いるよね。こーゆー女の子。みんなの共有財産です笑
2019/08/06 05:2649返信3件
No Name
二番目が良いなら、武にもホントは彼女がいる、私は二番目の女…って妄想しながら付き合ってりゃ良いのに。
2019/08/06 07:0642返信3件
No Name
自己肯定感の低い子がなりやすい病気ですね。
自分で気付くか、信頼できる相手に指摘されるかして直して、その闇から抜け出さないと、あえて妾や愛人に甘んじたとしても、本来の幸福感からは遠ざかった一生を過ごすことになるでしょう。
2019/08/06 06:2033返信2件
No Name
今時こんな上司いる?2人でご飯誘った時点でアウト!!
2019/08/06 05:4627返信3件
もっと見る ( 117 件 )

【もう1人の私】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo