もう1人の私 Vol.9

「私、彼の何が好きだったの…?」女が一瞬で冷めてしまった、男のセリフとは

貴方は、自分の意外な一面に戸惑った経験はないだろうか。

コインに表と裏があるように、人は或るとき突然、“もう1人の自分”に出会うことがある。

それは思わぬ窮地に立たされたとき、あるいは幸せの絶頂にいるとき。

......そして大抵、“彼ら”は人を蛇の道に誘うのだ。

前回登場したのは、 浮気をやめない夫・正樹への不満をぶつけるように、若い男をそそのかす人妻・陽子(40歳)

今回は、陽子の夫・正樹が夢中になっている若い女…絵里香(26歳)が、“もう一人の自分”に化けてしまったお話―。

絵里香の優越


ねぇ。

“他人のもの”である男の心を奪う方法、教えてあげましょうか。

そんなに難しいことじゃない。その男の妻がどんな女性かつぶさにわかれば、とっても簡単。

…あ。今、妻と似たような女性になればいいんだって思われたかしら。

違います。それは逆効果。

真似を......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
これくらい振り切れてる方がオモロイですねー!
2019/08/27 05:2599+
No Name
所詮二番手の女に対しては、男も鎧を着たまま接してるんだと思う。だからカッコよく見えるし刺激的なんだよ。

この女はなんだかんだそのことに気付けて良かったね。
2019/08/27 05:2899+返信2件
No Name
男性って、好きな女性の前でポイント稼ぎたいために、ほかの女性を蔑むような発言する人結構いますよね。
あれって逆効果だからやめた方がいいですよね。
君はそんな女とは違って素晴らしい。といくら言われても、この人は女の敵だって判断しちゃって一気に冷めます。
2019/08/27 08:0199+返信10件
No Name
スタイルには気をつけてるのにレスなの!
昔のように愛してくれないの!
とヒステリックになってる妻って、夫の好みの変化に合わせられなかった結果なのかもね。

若さ保つのが良いことと思ってる女性は多そうだけど、それより夫とともに変わっていけるのが成功した最高の夫婦関係かな。
2019/08/27 05:2367返信10件
田舎者
そうなんだよ、女性は突然気づくんだよね。それがちょっとした一言だったりする。
2019/08/27 06:2542返信7件
もっと見る ( 99 件 )

【もう1人の私】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo