男の勘違い Vol.1

男の勘違い:「今夜、抱かれてもいいと思ってる?」高級鮨屋で起きた、男女の惨劇

「今日はありがとうございました。良かったらまた、誘ってくださいね♡」

そもそも静香にとって林田は、仕事を振ってもらえるかもしれない相手。気に入られておきたいという打算は当然ある。

社交辞令を言ったのは、男女としてではなく、人として良い付き合いをしたかったからだ。

ところが静香のお愛想を、林田は完全に勘違いしたらしい。

「神楽坂の料亭からおよそ1ヶ月が経った頃です。林田さんからまた誘いのLINEが届いて…しかも今度は、金沢の高級鮨屋の予約を取ったから一緒に行かないかって」

金沢まではちょっと…と言って、静香は最初やんわり断ったと言う。

しかしもちろん日帰りだし、新幹線のチケットも僕がとるから、となおもプッシュする林田。

この時点で、さすがの静香も不穏な空気を感じ取ってはいた。だが前回食事をした際、林田は「もうすぐ某大手食品メーカーの新商品プロモーションが始まる」などと話していたのだ。

−もしかしたら、仕事に繋がる話があるかも...。

「NO」と動かしかけた口を慌てて閉じる。邪険な態度をとり、林田の機嫌を損なわせるのは得策ではない。

悩んだ末、静香は「日帰りなら…」と強調した上で渋々誘いに応じたのだった。

高級鮨屋での大惨事


「日帰り金沢も、途中までは楽しかったんです。林田さんってさすが広告マンって感じで普通にしている時の話はすごく面白いの。仕事のアドバイスなんかもくれたりするし。だから私もつい気を許して、軽いボディタッチくらいはしたかもしれない。でも、それだけです。何度も言うけど、女を見せたつもりは全くないんです」

ところがこの日も、高級鮨屋のカウンターに並んで座り、いい感じにお酒が入ったところで、再び林田の猛攻が始まってしまった。

「私にとって、自分がいかに役に立つ男かを延々語られましたね(笑)鬱陶しいけど、いちいち否定するのも疲れるし、何を言われても適当に流しておこうと決めていたんですけど…」

ところがうんざりしている静香の様子にまるで気づかぬ林田が、ついにどうしても聞き流せないセリフを吐いたのだ。

「ねぇ静香ちゃん。今夜俺に抱かれてもいいって、何パーセントぐらい思ってる?」

−…は?

勘違い甚だしい林田のセリフに、静香が絶句したのは言うまでもない。

「いや、もうさすがの私もイラっとしてしまって。つい本音をそのまま口にしてしまったんですよね…」

無表情のまま、静香は低い声でこう答えたと言う。

「え…0%です。最初からそういうつもりは一切ないので」

すると林田の表情は一変。みるみる顔を赤くして、怒りのあまりワナワナと肩を震わせる始末。

−しまった、言いすぎた。

すぐに後悔した静香だったが、時すでに遅し。

その場の空気は凍りつき、せっかくの高級鮨だというのに、もはやその味も雰囲気も楽しむことなどできる状態ではなくなってしまった。

そして何より、仕事に繋がったかもしれないせっかくの縁まで失う羽目になったのだ。林田さえ勘違いをしなければ、こんなことにはならなかったのに。

「本当、災難と言うしかないです。だって私の方は一切、勘違いさせるような言動なんてしていないもの。そうですよね?私は悪くないですよね?」


▶NEXT:7月16日 火曜更新予定
「俺が独身だったら…」自意識過剰な既婚男の勘違い報告

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
男に媚売らないと仕事貰えない人の発想って
凄い。笑

日帰り金沢は
口説かれるのは覚悟でしょ。

男に誘われても匂わせつつ
回避する話術もなくて、ノコノコ行くなよ笑
2019/07/09 05:3699+返信15件
No Name
下心無いのに高級料亭とか誘うわけない!
2019/07/09 05:2399+返信1件
No Name
女見せまくりですからー!!

残念!!
2019/07/09 05:1499+返信4件
No Name
既にお鮨屋さんの段階で会話がおかしな方向に流れているの確認できてるんだから
社交辞令の文言も考えるべき。
呑気に文末にハートなんて付けてる場合じゃないって。
なんだろう、この自損事故感。
2019/07/09 05:3799+返信2件
No Name
下心剥き出しの旅に乗っておいて、楽しめる訳ないわ。惨劇は言い過ぎ😅
2019/07/09 05:2597返信1件
もっと見る ( 180 件 )

【男の勘違い】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo