200億の女 Vol.2

「可愛げがない」と言われてきた恋愛下手な美女に近づく、魔性の男

騙されたのは女か、それとも男か?
「恋」に落ちたのか、それとも「罠」にはまったのか?

資産200億の“恋を知らない資産家の令嬢”と、それまでに10億を奪いながらも“一度も訴えられたことがない、詐欺師の男”。

そんな二人が出会い、動き出した運命の歯車。

200億を賭けて、男と女の欲望がむき出しになるマネーゲームはやがて、日本有数の大企業を揺るがす、大スキャンダルへと発展するが…。

仕事でモナコを訪れていた神埼智(かんざき・とも)は、そこで偶然、ある男に出会う。男は、智の素性を調べ、あることを企むのだった。


東京・霞ヶ関 警視庁 捜査二課


「…シンタロウ、だったっけ?男の名前。調べはどうだ?進んでるか?」

警視庁捜査二課のフロア近くにある喫煙ルーム。そこに入ってきた、二課の係長である上田昌弘(うえだ・まさひろ)の言葉に、一人の男が振り返った。頬骨からこめかみにかけて3cmほどの傷がある、強面の男だ。

「まだ......


【200億の女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo