東京コンプレックス Vol.8

「絶対に美人をモノにしたい」コンプレックスを抱える男が、美女を妻にしたテクニックとは

この街では、誰しもが“コンプレックス”を抱えて生きている。

あなたも身に覚えはないだろうか?

学歴、外見、収入…。どれだけスペックを磨き戦闘力を上げても、どんなに自分を取り繕っても、何かが足りない。「劣っている」と感じてしまう。

…そう、それがコンプレックスだ。

先週は「一般家庭の生まれ」というコンプレックスを抱える女を紹介した。

今週は、「女にモテない」というコンプレックスを持つ山内亮太・(30歳)の例をお届けする。


山内亮太のコンプレックス:「どうして俺は全くモテないのだろう...?」


30歳になったら、自分は結婚しているものだと思っていた。

亮太の田舎では大抵の人間が、遅くとも20代後半までには結婚している。30歳を過ぎれば当然のように家を建て、2人3人と増える子供を養うためがむしゃらに働く。低賃金も厭わずに。

幼馴染とまるで親戚のような付き合いをし、......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
バカ
2019/05/17 05:0899+返信8件
No Name
なんか日本昔話に出てくるのバカな男みたい
2019/05/17 05:2199+返信4件
No Name
なんじゃこりゃ
2019/05/17 05:0999+
No Name
さじ加減、て分からないかなー?
2019/05/17 05:3484返信15件
No Name
ヘコヘコしながら下心丸見えでネットリ絡みつくようなヨイショする成り上がりは、そりゃキモいし。
気遣いも、ぞんざいな態度も、モテるための技術としてしかやってないんだから、人として薄っぺらい。
2019/05/17 05:1667
もっと見る ( 94 件 )

【東京コンプレックス】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo