オトナの恋愛塾~解説編~ Vol.54

6ヶ月で女心は変わる?一度は既読スルーした男なのに、女の方から迫った意外な理由とは

恋とは、どうしてこうも難しいのだろうか。

せっかく素敵な出会いをしても、相手に「また会いたい」と思わせない限り、デートにも交際にも発展しない。

仮に、順調に駒を進められても、ある日突然別れを突き付けられることもある。

しかし一見複雑に絡み合った恋愛でも、そこには法則があり、理由がある。

どうしたら、恋のチャンスを次のステップへ持っていけるのか、一緒に学んでいこう。

今回既読スルーだったのに、半年後に突然女が連絡して来たのはナゼ?という宿題を出していた。

あなたはこの宿題が解けただろうか?


篤人と出会ったのは、半年前に友人が開催した食事会だった。その時の私は、彼氏と別れてまだ2ヶ月しか経っておらず、半分躍起になってかなりの頻度で食事会へ顔を出していた。

正直に言うと、篤人の印象は至って普通であり、私の中では“良い人”という印象で終わっていた。

そんな食事会の翌日に来た、篤人からの個別お誘いLINE。

—篤人:昨日はありがとう!よければ、また今度二人でご飯へ行かない(^^)?


大手商社勤めの31歳、独身でいい人なのは分かっている。けれども、心トキメクこともなく、二人でデートするほどでもなかった。

ハッキリと断るのも申し訳なく、なんと返信を打つべきか考えているうちに日は経っていき、結果として“既読スルー”になっていた。

しかしその半年後。

私は自分から篤人に連絡をし、そこからデートにまで漕ぎ着け、そして交際を始めようとしている。

半年前はダメだったのに、どうして今はいいのか?

その答えは、私の年齢と女の身勝手さにある。

【オトナの恋愛塾~解説編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo