ブラックタワー Vol.5

妻の元に届いた、得体の知れぬ1通の黒い封筒。「不幸の手紙」を送りつけた意外な隣人とは

ーまるでお城みたいに、高くて真っ白な塔。私もあそこの住人の、一人になれたなら…。

ずっと遠くから眺めていた、憧れのタワーマンション。柏原奈月・32歳は、ついに念願叶ってそこに住むこととなった。

空に手が届きそうなマイホームで、夫・宏太と二人、幸せな生活を築くはずだったのに。

美しく白い塔の中には、外からは決してわからない複雑な人間関係と、彼らの真っ黒な感情が渦巻いていたー。

憧れのタワマン暮らしを始めた奈月。ところが元不倫相手が同じマンションに住んでいることが判明し、窮地に立たされる。夫から「隠し事してない?」と突然詰め寄られた奈月は…


妻に言われるがまま、タワマンに住むことになった男の言い訳


「俺に隠し事してない?…困ってることとか。」

女性ものの香水を嗅ぎ付けた妻に焦り、とっさに質問返しをしてしまった。もっと慎重に聞こうと思っていたのに。

「…別にないけど。なんで?」

それならいいや、と言葉を濁し、僕は急いでジャケットに消臭スプレーをたっぷりと振りかけ......


【ブラックタワー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo