Who? Vol.9

「彼女に嘘をつき続けるのが苦痛…」早朝、女の部屋から静かに去った男の、誰にも言えない葛藤

資産家の令嬢。海外育ちで苦労せず3ヵ国語を操る上に、学歴もあり、美しい。

挫折を知らず、誰かを羨むことも恨むこともなかったせいなのか、光希は常に無邪気。世間が知る彼女のイメージとプライベートの顔は全く変わらず、つまり裏表がない。

闇や、やましさを微塵も感じさせない人だ。

僕に対する好意もどこでも隠すことなどせず、むしろ週刊誌に撮られちゃいたい、なんてことまで言って事務所を困らせている。


長いキスが終わり、鼻が触れ合う距離で光希と目が合う。彼女は照れたように笑い、僕をベッドに押し倒してピタリと寄り添うと、僕の胸に頭を乗せた。

「…やっぱり聞くことにする」

いつも躊躇のない光希の声に、迷いのトーンが混じっている。

珍しいなと思いつつ、何を?と声を掛けると、光希は、うん…などと少し言い淀んだ後、こちらを見上げて言った。

「…みっちゃんって、誰のこと?」

「…え?」

不意打ちにあい、固まってしまった僕の返事を待たずに光希は続けた。

「さっきレオさんが、私をそう呼んで抱きしめたの。私のことだったら嬉しいなと思ったけど…多分違うよね。

すごく優しい声で、みっちゃん、って何度も言ってた。レオさんが寝てる時にいつもある眉間のシワもなくて、穏やかな顔してた。レオさんにそんな顔させる女の子がいるなんて思うと私、その子のこと、すごく羨ましいな。

みっちゃんって、昔の彼女?」

「…僕がそんなことを言ってた?でもみっちゃんなんて…知り合いにもいないけど。光希ちゃんのことを、寝ぼけてそう呼んじゃったのかも」

敢えて茶化した口調でそう言い、彼女の白い背中に腕を回して抱きしめた。

けれど、僕を見つめる光希は笑わず、誤魔化されてはくれなかった。

「その人のことが忘れられないから、私も…だれのことも彼女にしてくれないの?その人と私、もしかして同じ名前だったりするの?」

どんな表情も見逃さない、と言わんばかりの光希の強い眼差しに、僕は後悔した。今までどんな女の子と眠っても、こんなことはなかったのに。

―この子に気を許しすぎたのかもしれない。

光希を抱きしめて眠った時に感じる体温。その熱を心地よく感じ始めていた自分に呆れる。僕にそんなまどろみのような時間が許されるわけはないのに。

「…そんな子はいないよ。僕が恋人を作らないのは…」

僕に向けられたままの澄んだ瞳に、その先の言葉を選べずに口ごもってしまった。

―なんでいつものように、適当な嘘がつけない?

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
来週 第1部 最終話。 第2部が有るんだ! 楽しみ~
2019/03/23 05:2429返信1件
No Name
騙そうと思ってる時が一番騙されやすい、って、ってことは、最終的に騙されるのはどっちなんでしょうー!?ゾクゾクが止まらない!
2019/03/23 07:1823返信1件
No Name
最後の写真の人があまり男前そうでない。
2019/03/23 07:4022
No Name
光希みたいに超素直な子には心を許してしまいそうになる感覚、わかる。
素直な人は最強。
2019/03/23 11:2813
No Name
15年間、ずーっと誰とも付き合わなかったのかな。
孤独だったろうなぁ。。。
2019/03/23 11:1412返信2件
もっと見る ( 36 件 )

【Who?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo