東京コンプレックス Vol.2

東京生まれ・東京育ちには永遠に勝てない。地方出身者が抱き続ける“田舎者コンプレックス”の闇

この街では、誰しもが“コンプレックス”を抱えて生きている。

あなたも身に覚えはないだろうか?

学歴、外見、収入…。どれだけスペックを磨き戦闘力を上げても、どんなに自分を取り繕っても、何かが足りない。「劣っている」と感じてしまう。

…そう、それがコンプレックスだ。

先週は「結婚できない」コンプレックスを抱える女を紹介した。

今週の主人公は、起業系港区女子・のぞみ(29)。彼女が抱える、根深いコンプレックスとは...?


高橋のぞみのコンプレックス:「私は所詮、田舎の庶民」


西麻布なら、学生時代から私のテリトリーだ。

パーティ用ドレスやバッグのレンタルサービスで起業したのは、私がまだ大学生だった22歳の時。

今でこそファッションアイテムをレンタルする人も増えたが、7年前にこういうサービスはマイナーで一般的とは言い難かった。

それが「購買より経験」という時代の流れも味方となり、私は「美人女子大生起業家」として、SNSを中心に瞬く間に認知されていったのだ。

収入の増加に比例して遊び方もどんどん派手になり、私の遊び場所は早々に渋谷から西麻布へと移った。


私は、愛知県の小さな町から大学入学のために上京した。

両親は、悪い人達ではない。だが女の子は地元で幅を利かせる一族の嫁になるのが幸せだ、と信じて疑わないようなところがあった。

けれど私は、どうしても都会で自分の実力を試してみたかったのだ。

いつでも、がむしゃらに努力をした。受験も大学の勉強も、起業も自分磨きもすべて全力で頑張った。そうしてやっと、「美人女子大生起業家」の肩書きを手に入れたのだ。

大学を卒業してからは本格的に事業を拡大し、自力で広尾に部屋を借りられるまでになった。

夜はタクシーでお食事会や会食、ホームパーティに駆けつける毎日。

そうした場で友人になったのは、やはり同じ女性起業家たち。美貌だけでなく肩書きも持ち合わせる彼女たちは、みなとびきり若く美しく、そして非常に賢い。

しかしそんな彼女たちと深く付き合ううち、私は自分との決定的な違いに気がついてしまった。

彼女たちにはなんというか、“焦燥感”のようなものが一切ない。

それもそうだ。彼女たちの多くは、いわゆる東京生まれ東京育ちの、生粋のお嬢様だったから。

起業の出資金を親がポンと出してくれただの、未だに代々木上原の実家から通っているだのという話を聞くたびに…私はどうしようもないコンプレックスを感じるようになってしまった。

【東京コンプレックス】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo