姉妹格差 Vol.1

姉妹格差:男も金も手に入れた超絶美女の姉と、虐げられてきた妹。27歳の女が、結婚式で受けた屈辱


「美人で優秀な姉と、できの悪い妹」

幼いときから、2人はこう言われてきた。

妹の若葉(わかば)と、姉の桜(さくら)は3歳差の姉妹。27歳と30歳になった今、その差は広がるばかりだ。

美貌、学歴、キャリア、金、男…全てを手に入れた姉と、無職で独身の妹。

人生に行き詰まった妹は、幸せを掴むことができるのかー?


「桜さん、美人だな。女優みたいだ。いや、女優以上だな…」

その瞬間、私-神崎若葉(かんざき・わかば)は、恋人の清宮佳樹(きよみや・よしき)をジロリと睨んだ。

だが彼は、純白のウエディングドレスに身を包んだ姉に、熱いまなざしを向けたままだ。私の視線になんて、気づきもしない。

小さくコホンと咳払いすると、ようやく彼が振り返った。

「…あっ、でもさ!俺にとってはもちろん若葉が1番だよ!」

私が機嫌を損ねたと思ったのか、佳樹は慌てて言い訳を並べ立てている。

「ホラ、ああいう既に完成された女性も素敵だけど、なんていうか若葉って、素材はすごくいいのにまだ売れてないタレントみたいな、そういう良さがあるだろ」

素朴で不器用で、まだ開花していない女。きっと佳樹はそう言いたいのだろう。

-なにそれ。褒めているのか、けなしているのか分からないじゃない。

彼の言葉に憤慨しつつも、「売れていない」という表現は的を射ていて、黙り込んでしまう。なぜなら私は27歳を目前にして、働いた経験すらない「司法試験浪人生」だからだ。

-それに比べて、お姉ちゃんは…。

バージンロードの向こう側で燦然と輝く、姉の神崎桜(かんざき・さくら)を見つめながら、嫉妬心が渦巻くのをどうにも抑えられなかった。



ここはザ・リッツカールトン東京のチャペル。今日は姉の結婚式だ。その招待客の全員が、恍惚の表情で姉を見つめていた。

母にいたっては、ハンカチを涙で濡らしながら「綺麗だわ…」とうわ言のように呟いている。

-私の時は、こんな風に泣かないんだろうな…。

母を見ながら、思わずそっとため息をついた。

だが、みんなが姉の虜になるのも無理はない。3つ歳上の姉は今日で30歳になるが、その見た目からはどうみても20代にしか見えない。それに誰もが振り返る、奇跡の美貌の持ち主だった。

手のひらサイズの小顔に、キメの細かい真っ白な肌。唇は綺麗なピンク色で潤いがあり、その上に定規でスッとひいたような鼻と、ひたすら大きくて色素の薄い瞳が、完璧なバランスで配置されている。

そう、人々を魅了する桜の花のように、姉は常に注目と羨望の的だった。

しかも彼女は、ただ可愛いだけの女ではない。とんでもない才能を持ち合わせているのだ。

【姉妹格差】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo