夫婦の秘め事 Vol.7

「うちの妻に限って」は男の思い込み。“レス”歴4年でも危機感のない夫を焦らせた、ある女の忠告

−この人だけを一生愛し続ける−

そう心に誓った日はもう遠い昔…。

結婚生活が長くなれば、誰にだって“浮つく瞬間”が訪れるもの。美男美女が行き交う東京で暮らすハイスペ男女なら尚更だ。

では、東京の夫/妻たちは一体どうやってその浮気心を解消し、家庭円満をキープしているのか。

これは、既婚男女のリアルを紡いだオムニバス・ストーリー。


第7話:「レスでも愛があるから大丈夫」と語る危機感のない夫・正樹の、大いなる勘違い


「…それで、奥さんとはうまくいってるの?」

仕事帰りに待ち合わせた『高太郎』。お互いの近況をひとしきり話した後で、東莉子(あずま・りこ)がさりげなく僕に尋ねた。

「ああ、特に変わりはないよ。相変わらず“レス”ではあるけど」

なんでもないことのように答える。夫婦生活の実態をあっさり暴露したのは、莉子が僕の元カノで気兼ねなく話せる関係だから。もちろん彼女と恋人同士だったのは妻の美沙と出会うずっと前、学生時代の話だが。

元カノは、別れたあと一切連絡を取らなくなる女と、いつまでも友達でい続けられる女に分かれる。莉子は後者だ。頻繁に会ったりはしないものの、今でも節目節目で食事に行ったりする。

今夜は、4年ぶりにベトナム駐在から戻ったことを連絡したら、久々に会おうという話になったのだ。

「それさぁ、うまくいってるって言えるの?」

莉子が呆れ顔で僕を覗き込む。

「そりゃ、正樹はいいかもしれないけど…どうせ他で満たしてるんだろうし。でも奥さんは絶対、不満に思ってるわよ」

“他で満たしている”発言についてはスルーしつつ、僕は自信を持って反論した。

「レスでもスキンシップはあるし、仲良しだから大丈夫。美沙はもともと淡白だし。それに俺、美沙のこと誰より好きだもん。それは美沙もわかってるはずだから」

僕の言葉に莉子は「わかってないなぁ」という表情を向けたが、僕は気づかぬふりで日本酒を注ぐ。

まったく。わかってないのは、莉子のほうだ。

【夫婦の秘め事】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo