私のモラハラ夫 Vol.10

「ついに、夫にバレた…?」妻が戸棚の奥に隠し続けていた“ある秘密”が晒された夜

可憐な妻と優しい旦那。

わたしたちは、誰もが羨む理想の夫婦だったはずなのに。

若くして結婚し、夫の寵愛を一身に受ける真美・27歳。

鉄壁で守られた平穏で幸せな生活が、あることをきっかけに静かに狂っていく。

そしてやがて、気付くのだ。この男が、モラハラ夫だということに。


優しく穏やかなはずの夫・陽介が、ある夜から少しずつ変わっていく。

父が重病かもしれないと激しく動揺する真美に、夫が金銭的援助を提案するが、だんだんとその真意が明らかに。ある決意を固めた真美は、とうとう家を飛び出して…?


「なんだ、これ?」

颯太が、会社携帯に残された着信と留守電に気付いたのは、朝一でのアポが終わってすぐのことだった。

両方とも、発信元は公衆電話、になっている。

今時、公衆電話からの着信なんて、滅多にない。不思議に思いながらも再生ボタンを押すと、聞き覚えのある女性の声......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
a
みーつけたーの一言とカウントダウンに本当に寒気を感じる!!!
真美、早く離婚しとこ!
2019/02/07 05:1899+返信3件
No Name
今初めて離婚を考えた事にびっくり…
でも、頑張れ!
2019/02/07 05:3099+返信2件
No Name
早く離婚しよう❗
2019/02/07 05:1599+返信2件
No Name
なんか、子供を虐待死させる事件が頭をよぎって、こういう男なんか許せなくなってきた
2019/02/07 06:2280返信6件
No Name
陽介は鞭ばかりで飴がないね。これじゃあ相手を支配出来ないって。
2019/02/07 05:3467返信3件
もっと見る ( 119 件 )

【私のモラハラ夫】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo