実家暮らしの恋 Vol.1

実家暮らしの恋:28歳の美人商社OL。周囲が絶賛する“完璧な女”の、男は知らないズボラな一面

東京で1人暮らしを始める際、家賃の高さに目を疑う人は多いのではないだろうか?

特に23区の人気エリアでは、狭い1Kでも10万円を超えることはザラ。まだ収入の低い20代の若者たちの中には、“実家暮らし”を選択する者も少なくない。

家賃がかからない分可処分所得が多くなり、その分自分の好きなことにお金を使えることは、大きなメリットだ。

大手総合商社で働く一ノ瀬遥(28)もそのうちの一人。

仕事は完璧、また収入の大半をファッションや美容に投資できる彼女はいつも隙なく美しく、皆の憧れの的。最近は新しい彼氏もでき、全てが順風満帆…のはずだったが!?


「遥さん、ちょっと困っていて…」

入社2年目の安西梢が大きな目を潤ませ、遥に助けを求めてきた。大手総合商社の食品部門、水産品チーム。梢は4期下の後輩だ。

「この顧客の件、出荷ペースが上がって在庫が追いつかないかも知れないんです。書類に不備もあるし、不良品も増えてきているか......


【実家暮らしの恋】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo