幸せな2人 Vol.6

「夫が、私の存在を無視する…」。男女の愛が消え、我が子を介してのみしか会話しない仮面夫婦の実態

―私は私。他の誰とも比べたりしない。

結婚して、出産する前まではこんな風に考えていたのに。

子供を持ち母となって、劣等感と嫉妬心に苦しめられる女たち。

未だかつてない格差社会に突入した東京で、彼女たちをジワジワと追い込むのは「教育格差」だった。

大恋愛の果てに結婚したエミと、代々続く病院の医師と結婚した実沙子。高校時代の同級生だったふたりはそれぞれ、幸せの絶頂にいたはずだった。

しかし偶然の再会をきっかけに、エミと実沙子の幸せだった日常は少しずつ狂い始めていくー。


結婚により生活レベルが下がってしまった佐々木エミ。夫と娘を愛しているのに、森田実沙子との再会によって教育格差を実感し、焦燥感から夫へ辛く当たってしまうことで、家庭が壊れかけていく。

一方で、金銭的な不安もなく日々を過ごす持つ実沙子だが、夫の浮気疑惑が発覚。そのことで、精神的に限界を迎えていた。

それぞれの子供が1歳を過ぎ、学生時代からの2人の友情にはヒビが入り始める。


なぜか仲の良い、2人の娘


「はい、どうぞしてごらん」

アークヒルズのテラス席。

実沙子の娘・みなみは、可愛らしいふわふわとしたワンピースを身にまとい、私の娘・りあと仲良くおもちゃを貸し合っている。

理由はよく分からないのだが、この2人は、不思議ととても仲が良い。

何がおかしいのか、2人......


【幸せな2人】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo