独身オンナが黙ってない Vol.9

本当は、あなたのことが好きなのに…。33歳の独身女が、結婚願望強めな年下男からの告白を断ったワケ

ーただ、結婚していないというだけなのに。

30代独身だというだけで、蔑まれ虐げられ、非難される…。その名も、独身ハラスメント。

それとは一切無縁だったはずの莉央(33)は、ある日突然、独身街道に再び投げ出される。彼女を待ち受けるのは、様々な独身ハラスメントだった。

—結婚だけが幸せの形だなんて、誰が決めたの…?

そんな違和感を強く抱く莉央。自分なりの“幸せの形”を見つけるため、奮闘の日々が始まるのであったー。


アパレルブランド「Noemie(ノエミー)」のブランドマネージャーとして働く莉央は、結婚式目前に突然婚約破棄をされてしまう。

既婚女子・優子からの独身ハラスメントや、周囲からの「美人なのにどうして結婚してないんですか?」という発言にウンザリさせられながらも、莉央は自分が結婚したいのかどうかわからなくなっていた。

取引先の年下男・将暉(まさき)と少しずつ距離を縮める中で、莉央は彼への自分の気持ちに気がついた。それなのに、将暉(まさき)から告白をされた夜、「あなたとは付き合えない」と言ってフってしまう。その理由とは…?


『莉央さん。私の彼、“結婚願望のない男”だったみたいです…』

土曜の午後、莉央はスマホを見て、メイクブラシを動かす手を止めた。そこには亜樹からの、爽やかな週末には重すぎるLINEが入っていたのだ。

今夜、莉央は将暉とディナーの約束がある。そのため、念入りにスキンケアをした......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
ストーリー展開に昭和バブル臭がする。
2018/12/17 05:2499+返信5件
あか姐
ほんとの理由が言えたらすぐ片付く話なのにね。
2018/12/17 05:1699+返信4件
No Name
マサキングも、パリに連れて行けばいいのに~
2018/12/17 05:3799+返信8件
No Name
仕事の可能性は手放さなくても恋愛の芽は摘み取ってしまっていいの?
こんな別れ方じゃマサキのダメージ大きいよ。
遠距離になるかもしれないけど、人事も確定じゃないしまずはお付き合い始めてみたらいいのに。
2018/12/17 05:5262返信3件
No Name
マサキには本当のこと、話して欲しかったなぁ。口止めすれば、言いふらさないだろうし、マサキが無駄に傷つかずに済む。莉央だって、気持ちは、伝えたら、後悔せずにパリで頑張れる気がする。あの時、気持ちだけでも伝えてれば…なんて、私ならそんなちょっとした後悔が出てきそう。
2018/12/17 06:3059返信1件
もっと見る ( 74 件 )

【独身オンナが黙ってない】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo