独身オンナが黙ってない Vol.7

「まだ、結婚してないの!?」同窓会で質問攻めに遭う33歳。卑屈になる女とスルーできる女の違いとは

ーただ、結婚していないというだけなのに。

30代独身だというだけで、蔑まれ虐げられ、非難される…。その名も、独身ハラスメント。

それとは一切無縁だったはずの莉央(33)は、ある日突然、独身街道に再び投げ出される。彼女を待ち受けるのは、様々な独身ハラスメントだった。

—結婚だけが幸せの形だなんて、誰が決めたの…?

そんな違和感を強く抱く莉央。自分なりの“幸せの形”を見つけるため、奮闘の日々が始まるのであったー。


アパレルブランド「Noemie(ノエミー)」のブランドマネージャーとして働く莉央は、結婚式目前に突然婚約破棄をされてしまう。

既婚女子・優子からの独身ハラスメントや、周囲からの「美人なのにどうして結婚してないんですか?」という発言にウンザリさせられながらも、莉央は自分が結婚したいのかどうかわからなくなっていた。

そんな矢先、取引先の年下男・将暉(まさき)から、話があると呼び止められる。将暉は真剣な目で莉央を見つめ、告白と思われる言葉を口にしかけるが…。


—卒業から15年かあ。みんな、元気かな…?

今日は、高校の同窓会のために莉央は「ヨコハマ グランドインターコンチネンタルホテル」に来ている。

中には、卒業以来会うメンバーもいるだろう。莉央は胸を高鳴らせながら、会場であるバンケットルームへと向かった。

「久しぶり!」
「元気にしてた!?」

会場のあちこちで久々の再会に皆が興奮しており、もちろん莉央もその一人だ。

会がスタートしてしばらくすると、歓談の時間となった。数名の同級生たちが待ってましたとばかりに莉央に近づいてくる。

「莉央、かなり久しぶりだね!前回の同窓会は来られなかったものね。今、莉央は何してるの?結婚は?」
「大学卒業以来ずっとアパレル業界で仕事してるの。結婚はしてないよ」
「えー!独身なの?なんでなんで?こんな綺麗なのに勿体ない!」

こんな風にお互いの近況報告をしながら、気がつくとかなりの人数の同級生と挨拶をかわしていた。しかし皆、二言目には「結婚してるの?」と尋ねるため、さっきから同じような会話が続いている。

「え?莉央、まだ結婚してないの?うそー!意外!」
「もう、その質問、これで10人目だよ…!」

莉央は苦笑いで答えていたが、気を取り直して皆に尋ね返す。

「皆は?今何してるの?」

「俺はメーカーで営業やってるよ。で、2児の父親!」

ひとりの男が嬉しそうにそう答えると、その場は一気に沸いた。

「えー!男の子?女の子?写真見せて!」
「ホラ、女の子が二人だよ。皆の子供の写真も見せてよ!」
「わーー!カワイイ!うちらがこうやって親になる日が来るなんて、あの頃は想像もしなかったよねえ!」

その場は、あっという間に“写真見せ合い大会”へと化し、互いの愛する息子や娘の写真を見ながら盛り上がる。話題が「育児あるある」に及んだときはさすがに莉央はついていけず、終始笑顔を浮かべて話を聞くことに集中するのだった。

その同窓会の帰り道である。

「あの…莉央ちゃん!」

皆と別れて歩き出したとき、莉央は突然誰かに呼び止められたのだった。

【独身オンナが黙ってない】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo