独身オンナが黙ってない Vol.2

「美人なのに、どうして結婚してないんですか?」既婚者の悪気ない発言に、ウンザリする33歳・独身女

ーただ、結婚していないというだけなのに。

30代独身だというだけで、蔑まれ虐げられ、非難される…。その名も、独身ハラスメント。

それとは一切無縁だったはずの莉央(33)は、ある日突然、独身街道に再び投げ出される。彼女を待ち受けるのは、様々な独身ハラスメントだった。

—結婚だけが幸せの形だなんて、誰が決めたの…?

そんな違和感を強く抱く莉央。自分なりの“幸せの形”を見つけるため、奮闘の日々が始まるのであったー。


アパレルブランド「Noemie(ノエミー)」のブランドマネージャーとして働く莉央は、結婚式目前に突然婚約破棄をされてしまう。

独身の同僚・亜樹が「女は結婚していないだけで、まるで人として問題があるかのような扱いを受ける」とぼやくのを半信半疑で聞いていたが、早速、既婚女子・優子から独身ハラスメントと思われる発言をされたのだった。


「莉央さん、まずは初日、お疲れさまでした!」

展示会初日。ぎっしりと詰められたアポイントに追われながら、一日中取引先対応をこなし終えた莉央は、心地よい疲労感に酔いしれる。

「亜樹さんもお疲れ様です。今回のコレクションも大好評で、出だしは順調ね」

「ねえ、ところで莉央さん。“マサキくん”、言ったとおりかわいかったでしょう?」

それまでグッタリしていたはずの亜樹が、急に瞳を輝かせて莉央に小声で囁いてきた。

「…マサキくん???誰、それ?」

「やだなあ、午後一のアポでお会いしたでしょう。佐野将暉さん」

きょとんとする莉央に向かって、亜樹は、大手百貨店の担当者の名を挙げた。“佐野将暉”は、バイヤーに昇格してまだ1年目の29歳だという。

莉央は昼間に挨拶をした青年の顔を思い浮かべる。確かに言われてみれば、整った顔立ちをしていた気がするが、それより印象に残ったのは25,6歳と言われても信じてしまいそうなフレッシュさであった。

それでも彼の勤務先では、7年目でのバイヤー昇格は最短コースだというから、将暉が優秀であることには違いないのだろう。

「イケメンでかわいいからうちの女性社員はみんなファンで、影でこっそり“マサキくん”って呼んでるんですよ。彼の前任のバイヤーがかなり癖ある人物でみんなかなり苦戦したから、彼とのギャップも、マサキくんファンが多い理由のひとつですね」

亜樹はなぜか得意げに説明したあとで、今度はにやりと笑った。

「それにしても、莉央さんと名刺交換したときのマサキくんの顔、見ました?アレは間違いなく、莉央さんに見惚れてましたね…!」

【独身オンナが黙ってない】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo