無業の女王 Vol.1

無業の女王:34歳、国立大卒、独身…家事手伝い。働かず暮らしてきた女が突然、社会に放り出された日

優雅な時間が一瞬で壊れる


私は家に帰るとすぐ、お気に入りの珈琲豆・ブラックアイボリーをミルで挽いた。手のひらに響く振動、そして立ちあがる珈琲の豊潤な香り…私は思わずうっとりした。

父は朝早くに出かけたので、気兼ねすることなくのんびり過ごせる。そう思うだけで気分が上がる。

家事手伝いと言っても、実際、私は…家事をしたことがない。いや、それは手伝う隙がないほど、完璧な家事を父がこなしてしまうからだ。

「執筆の息抜きになるから、私がやる。帆希は自分の好きなことをやりなさい」

それが父の口癖だった。

私にとっての好きなことは、自由な時間を過ごすことだ。徒歩圏内にある素敵なお店で美味しいものを頂き、ピラティスで体幹を鍛え、書道やお茶、お花を嗜む…何よりの贅沢な時間だ。

この時間を手放すことはなかなか出来ない。

月に一度、会うか会わないかの腐れ縁となっている彼からもしプロポーズされたとしても…今さらこの生活を手放して結婚できるかどうか…。

そんなことを考えている私のもとに一本の電話があった。警察からだ。

「高木港一さんのご家族の方でしょうか?」
「はい…娘ですけど…父に何か……?」

「突然のことで驚かれるかと思いますが…ついさっき心臓発作でお亡くなりになりました」

ー父が…亡くなった?嘘……冗談でしょ。

電話の向こうでしゃべり続ける警察官の声が、どんどん遠くなっていく。きっとこれは悪い冗談だ。あれだ、きっと。コメンテーターで顔が売れてきたもんだから、嫌がらせか何かよ。

それとも、どっきりみたいなバラエティ!そうに、決まってる!

質素で生真面目で、お酒も飲まない煙草も吸わない、そんな父が…どうして?

「聞こえてらっしゃいます?お嬢さん!」

ふと大きな声をかけられて我に返った私は、指示された場所のメモを取っていた。手が震えて、うまく書けない。

揺れる住所と電話番号…私は、完全に、動転していた。




ー 人ってこんなにも冷たくなるんだ……。

ー 亡骸とは言い得て妙だなぁ

私は父の頬に触れた時、そんなことをぼんやりと考えていた。目の前にある亡骸は、“父”だったものであって、父ではない。だから、哀しいとか寂しいとか情緒溢れる感情が浮かぶことはなかった。

ーじゃ、お父さんは、どこへいっちゃったんだろう…。

心の中でそう呟いても、父はもう帰ってはこない。

帰ってくることは…ないのだ。

兄の航も駆けつけ、今、別の部屋で事情説明を受けている。私は、父だったものの前で、ふと思った一言を声に出した。

「…素朴な疑問なんですけど…私って…どうなるの?ねぇ!」

だけど無情にも返事はなく、私はただじっと、父の亡骸を眺めていた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
生きてる間に話すべきなのに。
説教して娘に嫌われるのが嫌だったのかもしれないけど、いきなり放り出すのは無責任。

散々甘い顔をしてきた父親にも問題があると思う。
2018/12/02 06:0799+返信27件
No Name
お父さん、自分の好きなことをしなさい、が口癖じゃなかったの?さすがにこの放り出し方はどうかと…。
2018/12/02 06:0599+返信7件
あか姐
安楽な生活からいきなり勤労自活生活へ、というのは紅子さまと同じ始まりだけど、紅子さまは自分で選んで、この子は全然そんなことしたくなくて、無理矢理周囲から強要されて。さあじたばたドタバタ、常識なさ過ぎ!と言われる騒動が始まるぞ。
2018/12/02 05:2799+返信3件
No Name
でも、兄は母亡き後、妹に父を任せてたんだよね?兄だって家にいてくれる妹に甘えていたんじゃないのかなー。
…なんて現実に置き換えて考えてみたり。この先どうなるのでしょうね?
2018/12/02 06:0683返信6件
No Name
そんな些細な事なら早く忠告してやれば良かったのに。10年もブランクあったらかなりのハンディー、生活レベル落として彼との結婚を模索するも彼に振られる、奮起して働いてみるが、、みたいな?
2018/12/02 05:4348返信2件
もっと見る ( 248 件 )

【無業の女王】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo