恵比寿の穴場エリア発見!カジュアルに飲みたい気分にピッタリの和酒場3選

すっかり冷え込み、帰り道の夜風がしみる季節。そんな日につい立ち寄りたくなるのが和酒場だ。

恵比寿の穴場・南交差点エリアにはいい酒場が集まっているのだ!

しっぽり熱燗をひっかけるもよし、カウンターでサクッとも良し。今夜、一杯いかが?

落ち着きのある空間が広がる和食屋『こがね』

飲み足りないときの2軒目や、残業後だけどどうしても一杯飲みたい、なんてときはきっとあるはず。しかし、すでにほろ酔いだったり、仕事で酷使した頭でじっくりメニューを決めるのはとても億劫。

こんなとき、是非おすすめしたいお店が、『こがね』だ。

コース料理 / 季節の天ぷら  食材は旬によって変化する

落ち着きのある和の空間は普段使いはもちろん、接待やデートでの利用におすすめ。そして、『こがね』の使い勝手の良さは、その時間帯と提供する料理にある。

深夜12時までしているお店は、2軒目や仕事終わりにちょうどよい空間を提供してくれる。

また、料理も和食の食べやすいコースが用意されているので、夜が深まる時間帯でも負担なくいただくことができるだろう。

串揚げの一例

旬の食材を使用し、工夫を凝らされた串揚げと串焼きを中心に味わえる。

自家製の衣で揚げた串揚げは独特な食感でしつこくなく、何本でも食べたくなる自慢の一品だ。味はもちろん、見た目も十分に満足できる内容となっている。

酒のアテの一例

1軒目ですでにお腹が満たされているときや、残業後に軽めに食べたい…というときにも使い勝手は抜群。

価格や料理の内容も、深夜のお客への“おもてなし"となっている。

ウォッカで本格的なサワーを!

お酒へのこだわりも強い『こがね』では、流行りのサワーも焼酎ではなくウォッカを使用。 なんとそのウォッカも、料理の使用食材の産地の方から紹介を受け、醸造所から仕入れるクラフトウォッカ!

その他、日本各地の地酒や使用食材に合わせたクラフトビールなども取り扱っている。

「ドブキンソン」(830円)。濁り酒「生もとのどぶ」をウィルキンソンで割って召し上がれ

また、日本酒は“翌朝残らない”と大胆に位置付け。仕込水で日本酒を割った水割燗やドブキンソンというネーミングで濁り酒をウィルキンソンで割ったものを「二日酔いし難いもの」として提供。

常時30種と、常連にならないと提供しない隠し酒を20種準備しているというから、これはもう毎週通ってみてはいかが?

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo