#再婚 Vol.2

「寂しそうに見えたから、誘ってやったのに」これがリアル?31歳バツイチ女に下された、残酷な評価

再婚活への焦りは禁物?


「カナちゃん!」

金曜日の夜。

週末に向けて開放感が一気に高まる今夜は、丸ビル最上階の36階にある『レストラン・モナリザ』で、食事会で出会った高橋と初デートだ。


まるで美術館のようなエントランス前でカナを待っていてくれた高橋は、35歳、丸の内勤務の商社マンである。

イケメンではないが長身かつ清潔感に溢れており、元夫・司にも劣らない、十分なハイスペック男性と言えるだろう。離婚後に出会った中ではダントツである。

「今夜のカナちゃんも、凄く綺麗だよね」

そんな風にカナを褒めながら店内にエスコートしてくれる高橋に、カナは有頂天になってしまう。

ー私もまだまだ捨てたもんじゃないのかしら…?

カナは着席してからも、ワインリストを吟味する高橋をそっと見つめる。

元夫との離婚は比較的スムーズだったとはいえ、諸々の手続きや引越しによって、精神的に疲弊する毎日が続いていた。

カナの勤める大手メーカーは女性活躍推進企業として知られているものの、もしかしたらこの先ずっと1人で過ごすのかもしれないという漠然とした不安はふとした時にカナの心を支配してしまう。

だが…。

カナは再び高橋を眺める。こちらの視線に気づき微笑む彼の笑顔に、カナは運命を感じた。

ーもしかして、この人が私の再婚相手になるかも…?

ハイスペックな男性から熱心な誘いを受けていることで、カナはすっかりその気になってしまっていた。再婚相手になるかもしれないと先走り、いろいろな質問をぶつけても、高橋は嫌がらず全て答えてくれるのだ。

しかし、カナが厳しい現実と向き合うのは、それからたった2時間後のことであった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
触られて嬉しくない
って、理屈も何もない正確な判定。小学生のテンションで口とんがらかしてる男は男でやりたいだけのこっちも本能だけだからお互い実にわかりやすいね。
2018/10/31 05:1999+返信9件
No Name
離婚早々にお食事会に顔を出していたら、本人にその気がなくても、物欲しそうな女だと思われそう。
それに、殆どその場限りになるような場でバツイチアピールする必要もないし。
とりあえず、ひとりで生きていく覚悟を決めていないと、バツイチモテはない。
2018/10/31 05:1899+返信6件
No Name
こんな失礼なこと言われて、ちゃんと言い返したのが清々しい!

お前がしらけるわ!
2018/10/31 06:2799+
No Name
物欲しくてもあなたは欲しくなかったみたいですぅ…
2018/10/31 10:1299+返信4件
No Name
読んでて途中で…亜美もひょっとしてカナを陥れようとしてるのかなってちょっと勘ぐっちゃったけど今のところ大丈夫そうで安心した。
2018/10/31 06:0255返信5件
もっと見る ( 94 件 )

【#再婚】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo