私のモラハラ夫 Vol.2

夫の束縛が、段々激しくなる…。モラハラ男が妻に「外出禁止令」を出した衝撃の理由とは

可憐な妻と優しい夫。

わたしたちは、誰もが羨む理想の夫婦だったはずなのに。

若くして結婚し、夫の寵愛を一身に受ける真美・27歳。

鉄壁で守られた、平穏で幸せな生活が、あることをきっかけに静かに狂っていく。

そしてやがて、気付くのだ。この男が、モラハラ夫だということに。


温厚で優しい夫・陽介が、突然機嫌が悪くなったあの夜から、数週間が経ち…


「マミちゃん、今日の予定は?」

丁寧に折りたたんだ朝刊をビジネスバッグに入れると、陽介はマミに笑顔を向けた。

「今日は、午前中に食材の配達が来るから受け取って…そのあとは、久しぶりにパンを焼こうかな。」

「そう。マミちゃんのパン楽しみだな。くれぐれも戸締りに気を付けてね。」

真美が「外で働きたい」と口にしたあの日から、陽介は毎日妻の予定を事細かに確認するようになっていた。

おでん事件以降、日々の買い物はネットスーパーを利用するようにと手筈を整えてくれたが、それ以外の外出予定がほぼない真美にとっては、正直ありがた迷惑だ。

元々「心配だから」と、真美一人での外出にいい顔をしなかった陽介だが、近頃はますますエスカレートしている気がする。

今日のように外出予定がない日はいいが、そうでない日は納得するまで理由を確認されるので、朝から気分が滅入ってしまうのだ。

「いってらっしゃい。」

無事陽介を送り出したのもつかの間、「ロックして!」という外からの声に、真美は慌ててドアロックをかける。

妻を守る金属音を確認した陽介は、やっと安心したように出社していくのだった。



「あ、レーズン。」

届いた食材でいっぱいになった冷蔵庫を見て、真美は肝心な材料を頼み忘れていたことに気付く。陽介はレーズンパンが好きなのだ。

時計を見ると、まだ12時。隣駅のオーガニックスーパーまで行ったとしても、十分に時間はある。

―ただの買い物だし、別に報告しなくていいわよね。

スーパーの近くには、お気に入りのカフェもある。

せっかくだから久しぶりにランチもしてこようと、真美はクローゼットの奥から、先日こっそり買ったブラウスを上機嫌で取り出したのだった。

【私のモラハラ夫】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo