• PR
  • 澄み切ったスープが沁みる~!美味しくって体に優しい中華はここだ!

    赤坂の名店『中華うずまき』。この店の料理の主役は“旬の野菜”である。

    ほぼ野菜がメインなのに、コクが深く、旨味が抜群!一度来た人は虜になってしまう絶品中華が味わえる。

    秋に旬を迎える野菜中華が、なぜこんなに美味しくビールが進むのか?その理由を探った!

    野菜ソムリエプロ 本間純子さん

    なぜ『中華うずまき』の料理がこんなにビールに合うのか?

    今回お話を伺ったのは、野菜ソムリエプロの本間純子さん。「旬」を大切に、カラダが喜ぶ美味しい野菜や果物の取り入れ方を提案している。

    そんな彼女から見ても、今回『中華うずまき』で供された3品は、体を元気にしてくれ、ビールとの相性もぴったりなメニューだという。

    「秋に旬を迎える野菜には、夏に疲れた胃腸の働きを整えてくれるものが多くあります。今回のメニューには、その野菜が非常にバランス良く入っていて、これからビールを飲むぞ!という時に最適のお料理と言えるんです」

    「鶏肉と根菜の炒め」油通しした長芋、蓮根、ヤーコンと、鶏肉を唐辛子の辛みを引き出した油で炒め、紹興酒、醤油、砂糖で味付けした一品

    贅沢根菜三兄弟!食感が異なる3種の根菜が果たす役割とは?

    まず一皿目に紹介するのは、「鶏肉と根菜の炒め」。これが驚くほどコク深く、どんどん食が進み、食べた後に全く胃にもたれないのだ!

    本間さんは「この根菜3種には、胃腸の働きをサポートする効果が期待できる栄養素が含まれています。夏場に疲れた胃腸を保護しつつ、ビールを飲める最高の料理です」と語る。

    これに合わせるならヱビスビールを。食欲をそそる辛みと根菜3種の異なる食感が、ヱビスビールの持つホップの香り・苦み・モルトのコクのバランスの良さと最高にマッチするのだ!

    「春菊と菊の花の胡麻煮」酢、砂糖、塩、練り胡麻で餡を作り、春菊と菊の花を和え、最後に辣油で辛味をプラス

    春菊は栄養満点の横綱野菜!秋冬の葉物野菜といったらコレ!

    続いては「春菊と菊の花の胡麻煮」。こちらも濃厚な旨味と、ピリッとした辛さに食欲がUPするメニュー!

    ここで注目したいのは、秋冬の葉物野菜の代表格である春菊だ。春菊が持つ特有の苦味も、ビールの上品なほろ苦さと出会うことで、口の中で見事に調和するのだ。

    また、春菊は免疫力のUPや、むくみ改善の効果が期待できるのも嬉しい。

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ
    Appstore logo Googleplay logo