今さら聞けないワインの基礎知識 Vol.16

外国人男性のエスコート術から学ぶ!女子を必ず喜ばせるワイン選びの技

――先日の食事でも、もう一方のフラス人、ニコラがスマートにワインを選んでくれました。私の好みにも合ってたし、オマール海老のソース・アメリケーヌにもぴったりでしたよ。

柳「ニコラもやるな。ちなみにワインは何だったか覚えてる?」

――名前が覚えられないので、写メ撮ってあります。

柳「へ〜、95年のシャトー・ラグランジュか。」

――友達が仔羊のローストを頼んだので。エビに赤ワインなんて不安でしたが、ばっちりでしたよ。

柳「うん、ラグランジュはたしかに赤ワインだけど、大西洋に面したボルドーの赤だからね。海の幸とは相性がよくて当然。

それからオマールエビみたいに風味が強く、殻から抽出した濃厚なソースも一緒なら、むしろ赤ワインのほうが合うだろうね。ニコラ、なかなかのワイン通とみた。」


意中の女性を喜ばせる、エレガントなワインとは?


――ところで柳さん、女性を引き立ててくれるワインってありますか?

柳「やっぱりマッチョなワインは避けて、エレガントなワインがいいよね。赤ならピノ・ノワール。とくにシャンボール・ミュジニーやヴォルネイのものは上品な味わいだね。白ならリースリングが気品に溢れてる。

最近はドイツの辛口が面白いけど、レストランでなかなか見かけないのが難点だ。それからこの季節の一押しはロゼ。テラスでのランチで、美女にプロヴァンスのロゼをさりげなくオーダーできる男になってみたいもんだね(遠い目)。」

――港区女子が大好きなシャンパンもいいですよね?

柳「もちろん! ポンパドゥール夫人いわく、「女性が飲んでも美しさを保てるお酒はシャンパンだけ」だそうだ。

中でも品のよいシャンパンは、白ブドウのシャルドネのみから造られたブラン・ド・ブラン。パイパー・エドシックから新しく登場した「エッセンシエル ブラン・ド・ブラン」は、泡の細かさといい、シルキーな喉越しといい最高だろうね。」

――気遣いのジェローム、ワイン通のニコラ、どちらが私を射止めるの!

柳「フランス人はやめとき。あれは文化だ。きっと出会う女性すべてに同じ対応してると思うから。」

たとえば、こんな1本
「パイパーエドシック エッセンシエル ブラン・ド・ブラン」

マリリン・モンローに愛され、カンヌ映画祭の公式シャンパンに指定されているパイパー・エドシックが、満を辞してリリースしたブラン・ド・ブラン。新たに就任した女性セラーマスター、セヴリーヌ・フレルソンの自信作はピュアでフレッシュ、そしてエレガント。

¥8,100/日本リカー株式会社 TEL:03-5643-9770


教えてくれたのは、柳 忠之さん

■プロフィール
世界中のワイン産地を東奔西走する、フリーのワインジャーナリスト。迷えるビギナーの質問に、ワインの達人が親身になって答える

本日発売の月刊誌「東京カレンダー10月号」は今、開拓しておきたい「代々木上原」を大特集!

上質で温かみのある夜が、上原にはある。

港区とは全く違うベクトルで進化し続ける「代々木上原」。まだ知らなかった東京の側面を体験してこそ、真の大人です!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は8/21(火)!

【今さら聞けないワインの基礎知識】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo