港区女子の終点 Vol.3

中途半端な美人の悲喜。20代後半で市場価値の落ちた港区女子が、年収2,000万の夫と結婚できた理由

港区女子。

それは港区に夜な夜な集う、得体の知れない女性たち。

煌びやかで豪勢な生活を送る彼女たちだが、いつか“強制的に”この街を卒業する時がやってくる。

果たして、その後の人生は、幸せなのだろうか?

甘い蜜を存分に吸った、港区女子の末路とは・・・?

前回は、「誰でもいいから結婚したい」と嘆く港区女子を紹介した。今回登場するのは?


「聡子、今日のパーティーは誰の主催なの?」
「“あの”高木さんだよ!最近彼女と別れたらしくて...優子、チャンスじゃない?」

そんな会話をしていたのは、ちょうど10年ほど前。

いま思えば、高木は港区界隈の有名人で、 “港区女子を製造する男”だった。彼との出会いによって、......


【港区女子の終点】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo