先週のアクセスランキング!1位は「20代“妊婦サマ”との修羅場。対抗心MAXの独身女が、戦意喪失した意外な理由」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“20代妊婦サマとの修羅場”に“面倒な恋愛脳の女”から“「クラスで3番目に可愛い」程度の高学歴女”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
20代“妊婦サマ”との修羅場。対抗心MAXの独身女が、戦意喪失した意外な理由

だが、ここは大人の女の余裕の見せ所だ。

愛梨という女は「とにかく会って話がしたい」とのことだが、目的は、おそらく理恵子の値踏みと優越感の確認であろう。

そんな小娘の浅はかな魂胆は、返り討ちにしてやる。

理恵子は対抗心をバチバチに燃やし、鼻息荒くザ・リッツ・カールトン東京の『ザ・ロビーラウンジ』に向かった。

続きはこちら

★第2位
電車に乗ったこともなかった元お嬢様が、全てを捨ててでも絶対に守り抜いたプライド

一族の汚点になりかねない直系のご子息の駆け落ちを、『無かった事』にしたい。貞秋さまの思惑は、私にもわかりましたが…。

「駆け落ちごっこ…とは、お義父さまも面白い表現をなさいますね」

そうおっしゃった紅子さまの表情を見た時、私は背筋がゾクッと致しました。

―こんなお顔をなさるのか。

続きはこちら

★第3位
“面倒な恋愛脳の女”の烙印。愛する男に暴かれた、セカンド女のコンプレックスの正体

その重い空気を察したのか、拓斗の方から切り出した。

「で、どうしたの?香織が仕事中に電話してくるとか、珍しいね」

「あのさ…。拓斗、この間、彼女さんとは別れるって言ったよね?」

恐る恐る言葉を選びながら話す香織に対し、拓斗は「あぁ」と少し面倒臭そうに答えた。

「本当に、別れる気、ある?」

続きはこちら

★第4位
「俺と別れたら困るだろ?」ただの“浮気”では済まない。妻が絶望した、ハイスペ夫の冷酷な本性

そして、彼女の華奢な指に優しく手を絡ませ、熱い視線を送っている男は、私の夫だった。

―直哉...。

何とも言えない冷たい衝撃が、私の全身を駆け抜けた気がした。

目を瞑ってしまいたいのに、どうしても視線を逸らすことができず、瞬きすらできない。

すると、直哉とバッチリ目が合った。

続きはこちら

★第5位
「クラスで3番目に可愛い」程度の高学歴女は、港区ハイスペ男子には“戦力外”という現実

「クルージングなんて久しぶり♪」

日の出ふ頭で落ち合った留美は、いつになくはしゃいでいる。

きっと船内では、にゃんにゃんOLがハイスぺ男子に媚びていることだろう。しかし、もう心がざわつかない自信がある。

そんな自信を携えながら、悠然と船内に足を踏み入れた夏希だったが、そこには予想外の光景が広がっていた。

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo